2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マヨコ、まいちんぐ(イヤーン

1 :キューピー@騙り:02/10/21 23:26
 


プレゼント

2 :センパイ(はぁと):02/10/21 23:28
休憩中に携帯から2ゲットずざぁ

3 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/10/21 23:34
     oo
⊂⌒~⊃・Θ・)⊃ とりあえず3ゲトズザー

4 :さくら:02/10/21 23:39
(゜_゜)マイチング

5 :レンジャイ:02/10/21 23:42
まいちんぐってコレのことか…(・。・)タコチュー

6 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/10/21 23:51
     oo
⊂⌒~⊃-Θ-)⊃ とりあえずうpを待たずに睡眠

7 :もな〜に:02/10/22 00:02
コレノコトカー!!ヽ(*・∀・)ノ†

8 : ◆EBLUE/LLL. :02/10/22 00:06
私のマヨコタンをいじめないでぇぇ!!












´_ゝ`y─~~ ナンテネ。

9 :レンジャイ:02/10/22 00:13
マヨコ降臨待ち。

ナムナムナム(-人-)ナムナムナム

10 : ◆EBLUE/LLL. :02/10/22 00:21
マヨコタンキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

11 :もな〜に:02/10/22 00:22
マーヨーコ!!ヽ(*・∀・)ノ†

12 :もな〜に:02/10/22 00:23
Σ(・∀・;)っ† ワシカ??

13 :マンコ:02/10/22 00:27
マンコ〜

14 :レンジャイ:02/10/22 00:36
>>13
キュピさん降臨だ! 

15 : ◆EBLUE/LLL. :02/10/22 04:29
;´_ゝ`y─~~びみょ〜・・・…

16 :名無しタン ◆ja4rHAaHaA :02/10/22 08:56
来てないし

17 :さくら:02/10/22 10:29
ヽ( ・∀・)ノ<マヨコ-!

18 :あら~夢精 ◆ekMUSEI/g. :02/10/22 10:50
まよこせんせー

19 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/10/22 11:26
   oo
ヽ( ・Θ・)ノ まよこまんせー

20 :もな〜に:02/10/22 20:50
100以下に落チレバ。。。ヽ(*・∀・)ノ†

21 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :02/10/23 03:01
*T∀T)ノ□<マヨコのバ〜カ !!!

22 :レンジャイ:02/10/29 00:44
問答無用の揚げ。

23 :さくら:02/10/29 00:46
まいちんぐ上がってる!
出てこないね。。。マヨコ

24 :名無しタン ◆ja4rHAaHaA :02/10/29 14:52
とらすんちのらのらみにくちしいかいのらみなまちすらなめめめ

・・・(-_-#)
ローマ字変換じゃなくてカナ変換とか、
IME、ATOKの類起動させるの忘れて
入力して見てみたら・・・
って場合腹立たない?(-_-#)
わしは立つ・・・・・・
ブラインドタッチ出来るヤツが羨ましい・・・

25 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/10/29 18:14
>>24
すごく真剣にキーボードを目で追いながら読んでしまいました。

26 :レンジャイ:02/10/29 18:45
めんどくさいので誰か訳してください。

27 :レンジャイ:02/10/29 18:47
と・・ら・・すん・・・・・・・・ちが見つからねぇぞ、おい。

28 :レンジャイ:02/10/29 18:53
>>24
同意。

29 :さくら:02/10/29 20:33
>とらすんちのらのらみにくちしいかいのらみなまちすらなめめめ
  そりゃここにはでてこぬじゃるお・・・

30 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/29 20:51
キュピさ〜〜〜〜〜ん!!

31 :もな〜に:02/10/29 20:57
マーヨーコ!!

マーヨーコ!!

32 :アジ人間(酔っ払い) ◆H1GoToDark :02/10/29 21:00
キュピさ〜〜〜〜〜ん!!

33 :さくら:02/10/29 21:02
|∀・)v 33

34 :アジ人間(酔っ払い) ◆H1GoToDark :02/10/29 21:03
聴きたい!!
33ってキリ番なの?

35 :さくら:02/10/29 21:04
|∀・) キニスンナ

36 :アジ人間(酔っ払い) ◆H1GoToDark :02/10/29 21:05
細かいのはいいや

37 :あら~夢精 ◆ekMUSEI/g. :02/10/30 00:11
soryakokonihadetekonujarou///
そりゃここにはでてこぬじゃろう・・・

あー疲れた。

38 :モミヂ:02/10/30 01:44
ここに出てこないのをいいことに、
蕁麻疹がでそうなほどマヨちゃんを褒め称えるスレになりました。

39 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/30 14:33
・・・・・。。

40 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/30 14:34
ブルーだよ。

41 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/30 14:34
そして緑

42 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/30 14:35
予想通りだったけどね。。

43 :さくら:02/10/30 14:38
ウワァァァン━ヽ(`Д´)ノ━(ヽ`Д)━(  ヽ`)━ヽ(   )ノ━(ヽ  )━(Д´ヽ)━ヽ(`Д´)ノ━!!!

44 :おおむら ◆H1GoToDark :02/10/30 14:39
居たねぇ。。
さすがだよ

45 :モミヂ:02/11/05 00:54
マヨちゃんは、ま

46 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/11/05 10:57
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。

47 :名無しタン ◆ja4rHAaHaA :02/11/06 15:24
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、

48 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/11/06 23:07
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると

49 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/07 09:24
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、

50 :モミヂ:02/11/08 00:12
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい

51 :サラ・ジェーン:02/11/08 17:33
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい 頃に見たあの

52 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/08 20:01
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに

53 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/08 20:34
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然


54 :モミヂ:02/11/09 00:00
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の

55 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/09 15:54
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、カバンの中から

56 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/09 15:56
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズを


>>55 スマソ(汗)

57 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/09 21:33
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラスト

58 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/10 00:35
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して


59 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :02/11/10 04:31
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し

60 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/10 07:22
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。そのときマヨちゃんは、

61 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/10 07:50
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚を

62 :モミヂ:02/11/12 00:34
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が

63 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/12 07:56
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、

64 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/11/12 08:53
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日

65 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/12 13:43
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」

66 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/12 16:30
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。

67 :モミヂ:02/11/14 00:03
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか

68 :クワ:02/11/16 11:44
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、


69 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/16 12:05
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、

70 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/20 18:31
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは


71 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/11/20 22:51
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら

72 :ステファン ◆wKHk.WHITE :02/11/21 02:23
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な

73 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/21 02:58
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、

74 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/21 09:56
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白に

75 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/23 18:44
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃん

76 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/24 01:02
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで

77 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/24 16:51
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク!

78 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/24 17:23
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスに

79 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/24 22:26
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシング

80 :モミヂ:02/11/26 01:09
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した

81 :クワ:02/11/26 23:21
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した
2人☆
メレンゲの泡の中で2人は

82 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/27 01:41
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら

83 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/11/27 02:08
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの

84 :老猿 ◆gG2PDturbo :02/11/27 09:04
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック

85 :おおむら ◆H1GoToDark :02/11/27 16:02
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌

86 :モミヂ:02/11/30 00:35
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、

87 :サラ・ジェーン:02/12/17 04:55
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い


88 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/01/06 08:46
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は

89 :♯おむらU`*hvaRE:03/01/06 09:10
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって

90 :FINAL ATTACK:03/01/06 09:55
ご苦労も苦労の一つかな 一句

91 :FINAL ATTACK:03/01/06 09:56
はげ

92 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/01/06 14:14
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって爆発してしまったのです。

93 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/01/18 09:59
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって爆発してしまったのです。
現在の医療機関では

94 :ネオタン ◆NeONOAhFQk :03/01/29 22:22
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって爆発してしまったのです。
現在の医療機関では
メi";;,*;;"i;*;;i";*;;,*
!|| ,*;/i;^i"   
l||| |l|       
l!l| ||l \    
ll|| ll|ДT)    ネオタンです。
il|l l!|⊂     
:l|| !!|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  
;;i!! !!ヽ" ,,

95 :名無しタン ◆ja4rHAaHaA :03/02/06 23:08
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって爆発してしまったのです。
現在の医療機関では
メi";;,*;;"i;*;;i";*;;,*
!|| ,*;/i;^i"   
l||| |l|       
l!l| ||l \    
ll|| ll|ДT)    ネオタンです。
il|l l!|⊂     
:l|| !!|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  
;;i!! !!ヽ" ,,
を切除することは出来ない。

96 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:03/02/08 16:33
マヨちゃんは、まじめないい子なんです、本当は。
でも、 夜になると少しだけイジワるしたくなるのです。
それは、マヨちゃんが小さい頃に見たあの黒コートの男のせいなのです。
黒コートの男はマヨちゃんに突然、自分の自家製マヨネーズをしゃぶらせるなり、
「ラストTHEマヨネーズ…」と意味不明な言葉を残して、くるりとマントを翻し
挑発的な眼差しを向けるのでした。
そのときマヨちゃんは、今まで感じたことのない感覚をおぼえて背中が
泡立つ思いの中で、 思わずこう叫んだのでした。
「明日香!」
そう、マヨちゃんの母親の名です。なぜその名が口をついて出たのか
自分でもわからないまま、マヨちゃんは、気が動転していたのです。
なぜかと言うと、思い出してはいけない過去を思い出してしまったのです!
それは、ある意味不道徳でありながら甘美な夢でございました。
その夢とは、無論卵白にマヨちゃんと母親の明日香が頭から突っ込んで
シェイク!シェイク! とゴージャスにダンシングマシーンと化した2人☆
メレンゲの泡の中で2人は狂喜乱舞しながら お互いの頭髪を卵白パック
ツルツルのお肌を比べ合い、 そして抱き合い、そして現場は
居合わせた藤田マコトの手によって爆発してしまったのです。
現在の医療機関では
メi";;,*;;"i;*;;i";*;;,*
!|| ,*;/i;^i"   
l||| |l|       
l!l| ||l \    
ll|| ll|ДT)    ネオタンです。
il|l l!|⊂     
:l|| !!|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  
;;i!! !!ヽ" ,,
を切除することは出来ない。
紆余曲折の末マヨちゃんはとうとう

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)