2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●笑福亭☆統一スレッド●●●

1 :重要無名文化財:02/01/10 05:51
笑福亭は上方を代表する名門。
ちょっと語りましょう。

2 :重要無名文化財:02/01/10 12:13
7代目騒動で一門の結束が難しくなったが、
大きな会場で一門会をすれば米朝一門よりも
ずっと面白いものになると思う。文枝一門もそうだが、
強烈な個性が揃っているのは最強の武器。

3 :>2:02/01/10 14:38
それにしても笑福亭には、
米朝一門(除く月亭)=米朝事務所みたいに
一門が結束できる環境ではないね。
事務所は松竹と吉本に分かれてるもん。
これって辛いね。

4 :重要無名文化財:02/01/10 14:52
5代目松鶴は、
私財をなげうって、
2代目春団治と共に
上方落語を守った人やで。
時を経てその末裔の結束が緩むのは、
絶えられないよ。

5 :重要無名文化財:02/01/10 15:12
でも、笑福亭(文枝一門も)は一匹狼だからこそ
魅力があるという見かたもできると思う。
「一門全員が一丸になって…」というのは理想であって
現実はそんな事は不可能に近い、と福笑が言っていた。
だからなのか、他の一門の会に出演した時の存在感は凄まじいものがある。

6 :重要無名文化財:02/01/20 04:23
一門の集まり(忘年会など)は8代目襲名の件以来やってないんだろうか?


7 ::02/01/20 04:25
7代目だった、スマソ

8 :重要無名文化財:02/01/20 04:33
先代森乃福郎や明石家さんまも、笑福亭系だよね。

9 :重要無名文化財:02/01/20 17:01
仁鶴は今も松鶴直系弟子から嫌われているのか?

10 :重要無名文化財:02/01/22 12:30
総領ってそんなもんでしょ。
要は「アンタに弟子入りしたわけじゃない」って感情がそういう言動に出るだけよ。


11 :重要無名文化財:02/01/23 03:58
あんなことやったら、そりゃ嫌われるさ。

12 :重要無名文化財:02/01/23 13:33
七代目の件?>あんなこと

13 :重要無名文化財:02/01/24 01:05
>12
そうそう

14 :重要無名文化財:02/02/03 14:26
笑福亭松鶴一門の「捨て育ち」
破天荒で無茶苦茶でめっちゃおもろい噺家さんが多いのもこれが所以。
私は小松さんと福笑さんが特に好きです。

15 :重要無名文化財:02/02/03 14:27
ところで福笑さんといえば松竹芸能やめたんだったよね。

16 :重要無名文化財:02/02/03 14:31
↑ 福笑エンタープライズ



17 :重要無名文化財:02/02/04 02:07
仁智さんの新作好きだな。

18 :重要無名文化財:02/02/04 02:14
>>17
「アイスクリーム」と「清貧の人々 源太と兄貴」と同じ話なの?
アイスクリームだけ聞いたけど、たしか源太が出てきた。

19 :重要無名文化財:02/02/06 21:40
小噺 その1

鶴光師が池袋で とり  初めてですか?

六代目に見せたかった

20 :重要無名文化財:02/02/08 09:28
福笑

21 :重要無名文化財:02/02/09 11:50
>>19
鶴光はよくトリとってるよ。
「寝床」「袈裟御前」なんかかけて爆笑とってる。

22 : ◆NATA/ZAU :02/03/27 18:28
テスト

23 :重要無名文化財:02/05/03 03:05
笑瓶も一門やね

24 :重要無名文化財:02/05/19 14:02
六代目は好かれてたな。
米朝はマスコミではちやほやされてるけど敵を作りすぎ。
米朝一門は落語うまいけど型にはまっとる。
その点、笑福亭一門は個性が強ーてええなあ。

25 :重要無名文化財:02/05/19 14:09
同意。オレも笑福亭が好きな理由はまさにそれ!

でも米朝・一門ヲタはその理由で笑福亭が嫌いらしい。

26 :重要無名文化財:02/05/19 15:59
米朝一門(米朝事務所)は金やからな。儲からんとわかってることはせえへん。
その点笑福亭は人情があつい。鶴瓶が六代目の住んでた家を他人から買い戻して
小さい寄席小屋にして若手の勉強会に使うたりしてる。
米朝ファンは「ためいき坂くちぶえ坂」を読むべし!

27 :重要無名文化財:02/05/19 20:39
>>26
そうそう、やたらホール落語が多くて
入場料も高い。それで出すネタは似たり寄ったり。
「勉強会」「研究会」と名のつく会でも高いし。

28 :重要無名文化財:02/05/19 21:11
六代目が生きてたら、枝雀・ざこば一門の上方落語協会脱会はなかったかも
しれん

29 :重要無名文化財:02/05/19 23:45
笑福亭の名を松富久亭に改名すべきだな。

30 :重要無名文化財:02/05/20 13:33
>>28
それは南光が今の会長の事が嫌いだからでしょ?
6代目はあんまり関係ないような気がする。
その2つの一門は特に以前から上方落語協会の方針に疑問を持っていたみたいだし。
例えば、協会主催の会の出演者に偏りがあるとか・・・。

31 :重要無名文化財:02/05/21 00:08
当分凍結するやろけど、八代目松鶴は誰になるんやろ。
我々が生きてる間にお目にかかれるんかな。

32 :重要無名文化財:02/05/23 23:25
福笑はええなあ

33 :重要無名文化財:02/05/26 22:50
文我がいいよな

34 :笑福亭 松竹芸能:02/06/06 17:53
 笑福亭一門でもっと取り上げて欲しい方は鶴志師であります。
 若い時は新人賞等も受賞し、テレビでもレポーター等をされて結構売れて
 おられたと思います。
 今でも、寄席に行くと六代目譲りの豪快な芸風で楽しませてくれます。
 若い時は、六代目の物真似を生かした創作をされておられましたが、
 今は、「長短」等の江戸落語のアレンジや「手紙無筆」「欲の熊鷹」等の
 六代目譲りの珍しい噺をされておられます。
 もっと、活躍されても良いと思いますが、同期の桂吉朝師とは不仲であると
 聞きました。又、笑福亭一門で一番喧嘩が強いとも聞きました。如何なものでしょうか。

35 :重要無名文化財:02/06/07 22:39
>>34
同意!
笑福亭のニオイが一番漂う芸風なのが鶴志さんであると思います。
長短も手紙無筆も聴いたことあります。
長短は短気を強調した演出をされていますね。
高座に出てきただけ芸人というイメージがある数少ない落語家さんです。
松喬さんより鶴志さんの方が笑福亭らしくてイイと思うのだけど、
落語ファンからの評判をあまり聞かない。悲しいですね。

36 :重要無名文化財:02/06/11 22:40
 >>35
 笑福亭の埋もれている大名跡の復活を願いたいと思います。
 先ず、枝鶴を第一候補に鶴志師匠、次に小松師匠か小つる師匠か竹林師匠に
 継いで貰いたいと思います。
 松竹、吾竹、福円、福松、円歌等の名跡もどなたかが継いで戴く事を望みます。


37 :重要無名文化財:02/06/11 23:12
猿笑さんってのはどういうかたなのですか?
聞いたこと無いのですが。
(ちなみに関東人です)

38 :重要無名文化財:02/06/12 00:56
↑一回だけ見たんですけども、あの方はプロなのですか?何か素人のおじさんの趣味でって感じで、チョトつらい高座でしたわ。

39 :重要無名文化財:02/06/12 01:00
たまは勉強熱心で楽しみにしてる。

40 : 重要無名文化財:02/06/19 16:10
 >>37
 江戸落語を主に演じておられます。
 40過ぎてから六代目に入門されました。
 事務所には所属せずフリーの立場で京都を中心に活動されている様です。
 元、料理人とかで「くじら談義」と云う本を数年前に出版されました。
 演じると云うよりも、地域寄席を企画したり、鯨食推進の運動をしたりと、
 裏方としての活動が多い様に思われます。

41 :重要無名文化財:02/06/19 19:23
パペット落語の鶴笑がおもしろいよ。

42 :重要無名文化財:02/06/20 01:35
>>37
来週の金曜日(28日)、藤井寺のお寺での落語会に
出演するので、家が近ければ一度行かれてみてはどうでしょうか?
詳しくは某寄席暦を参考に。ちょっとだけ木戸銭が高いけど。

43 :重要無名文化財:02/06/20 18:56
鶴笑って、最近、どうしてるの?

44 :重要無名文化財:02/06/20 19:22
>36
円歌は難しいんじゃないの?
東京の大看板だし。明治・大正の昔ならともかくさ。
確かに大阪・東京両方に共通の名前の噺家(例えば勢朝)はいるけど、
それは単に双方の本拠地じゃないほうでの知名度が低いっていうだけでさ。
大阪の円歌は、いつ頃まで存命だったの?亭号は橘ノ?笑福亭?

45 :重要無名文化財:02/06/20 19:25
>>44
今から準備すれば、ちょうど披露目の頃には東京の円歌が...(w

46 :笑福亭 松竹芸能:02/06/27 17:37
 >>44
 確か、昭和25.26年頃迄、存命だったと思います。
 晩年は、落語家を廃業され、京都でペットショップ(小鳥屋)
 を経営されていたとか。
 新作をされていたとか。(頼りなくてすみません。)
 そして、廃業後も京都の会には出演されていたとか。
 亭号は笑福亭だったと思います。
 橘ノの方は円都師匠の事ですか。神戸出身で桂文団治門下、上京し橘家の
 どなたかの預かりに成られて、橘家とは紛らわしいので橘ノに改められた
 そうです。昭和45.46年頃まで存命で、たしか九十歳近く迄現役で活躍
 されていたと思います。所謂、戦後、上方落語家が次々と亡くなられていく
 中で、唯一残られ、四天王に稽古を付けられた師匠でそうです。
 お弟子さんに橘家円三師がおられますが、手堅い芸風で上手かったと思いますが、
 現在休業中、編集の仕事に就いておられるとかで、この名跡も埋もれてしまうのは
 惜しいですね。ついでに桂文団治も文紅師の存命中に継いで欲しいと思いますが。

47 :重要無名文化財:02/07/07 21:03
落語とは少しはなれてしまうのだが、
今年の27時間テレビは鶴瓶で救われた部分多いと思う。

人を傷つけることなく(さんまの過去はばらしたが)ムチャする精神は芸人の鏡だと思う。
とりあえずこのスレでも彼を立てましょう。

あの島での鶴瓶の独演会は聞きたかった・・・(落語じゃないだろうけど)

48 :重要無名文化財:02/07/08 02:59
>>47
27時間テレビの鶴瓶は素晴らしかった。
深夜の鶴瓶は寝起きに酒で天然だったかもしれないが、
さんまがイジリやすいという人徳というかキャラは
他の人には真似できない鶴瓶独特の財産である。
昼間のさんま鶴瓶も、あの話術の対決は天下一品だ。
さんまも鶴瓶も関西のカリスマだ。

49 :重要無名文化財:02/07/08 18:35
私最近落語見ないけど久しぶりに笑福亭の「狂気」が見れてよかった

50 :笑福亭 松竹芸能:02/07/09 06:06
 鶴瓶師、さんま師この二人には落語家に入門していながら、
 落語をやらない落語家と云われてきました。(さんま師は落語家の範疇に
 入るのだろうか。)唯、落語的な要素は話術の中に感じ取る事ができます。
 

51 :重要無名文化財:02/07/09 06:09
二人とも凡百の落語家をはるかに越える話芸の持ち主です。

52 :KAZ:02/08/22 02:58
いま、六代目松鶴の声がよみがえる
てんこもり!
六代目笑福亭松鶴全集 いよいよ発売!

CD11枚組 別冊解説書 CD収納特別ケース付き
 価格¥21,000-(税抜き)※先着20名様特別価格にてご提供

☆松鶴師匠の語り含む24話☆最高のイキをお楽しみ下さい!

KAZ/BINDに、直接ご予約頂いた方には、
噺家さんも欲しがるという、ファン必見の特別プレゼント付き!

※先着20名様特別価格は、ホームページ上では公表できません。
 詳しくは、お問合せ下さい。

http://www8.ocn.ne.jp/~kaz-bind/

53 :重要無名文化財:02/08/22 03:01
もう宣伝活動はやめた方がいいと思われます。
行くところ行くところで注意されているはずですよね。
よせあつめだけで充分ですよ、上方落語ファンの世界では。

54 :重要無名文化財:02/08/23 13:14
鶴光に三代目松富久亭松竹を襲名した方がいいな。

55 :重要無名文化財:02/09/14 15:18
何で仁鶴師と福笑さんだけが吉本興業にいるんですか?

56 :重要無名文化財:02/09/14 17:24
福笑は吉本じゃないって。

57 :重要無名文化財:02/09/15 00:47
>>56
ごめん、福笑じゃなくて鶴笑だった。

58 :アジスアベバ:02/09/19 01:59
仁鶴に関しては寄席熱目でも見れば?

59 :重要無名文化財:02/09/19 18:52
5世松鶴を親父見たって言ってるが。

60 :重要無名文化財:02/09/20 21:53
今日の追善落語会行った人いますか?
一門の総領の仁鶴と鶴光抜きでしたんだよね?
仁智は他で落語会やってるみたいだし、一門は結束
できるんのかな。
もう松鶴は七代目で留め名にした方がいいかも。

61 :重要無名文化財:02/09/20 22:16
今回の追善(三回忌もだったけど)は福笑の主催で、
岩田寄席のメンバーを初めとする親しい同期や先輩後輩が
七代目を偲ぼうという会だから、仁鶴鶴光抜きでも別に不自然ではない。
もともと捨て育ちの一門で、六代目松鶴一門会のような催しは皆無なんだから
無理に結束なんて考えなくていいんじゃない?
むしろそのバラバラさが笑福亭なんだと思う。

八代目は…「南光」みたいに八十何年ぶりに復活、なんてことになったりして

62 :重要無名文化財:02/09/20 22:27
>61
そりゃそうだ(w 良くも悪くも笑福亭。

80何年振りかで復活させる前に落語って
残ってるのかな?松竹芸能は潰れてる気がする。

63 :重要無名文化財:02/10/07 23:32
>松竹芸能は潰れてる気がする。

そりゃ、うどん屋をやろうっていうような会社だから(略

64 :重要無名文化財:02/10/25 12:57
>>50
さんまの落語は聞いたことありませんが、鶴瓶は落語上手いですよね。
六代目の存命中、鶴瓶がテレビで共演してるのを何度か見ましたが、師匠に対する
愛情が滲み出ていて、大変好感が持てました。
鶴瓶と鶴志は特に六代目に対する愛情が深かったように思えます。

一方で仁鶴は余り六代目のことを良く思っていなかった、というような話を聞いた
ことがあるのですが、本当でしょうか。本当だとしたらなぜでしょうか。

教えて君ですいません。

65 :重要無名文化財:02/10/25 13:41
>>64
人前でははっきり言わないさ。大きい声では言えない事も小声なら
って事はあったかも知れない。仁鶴が吉本だからって事も原因なん
だけどね。鶴瓶等に比較して情が薄いように感じるのはあるかも知
れない。

66 :重要無名文化財:02/10/25 13:54
>>65
仁鶴が吉本だから松竹芸能の大看板である七代目を継ぐわけに行かなかった、
というような話も聞きましたが、それと師匠に対する愛情とはちょっと違うよ
うな気もします。六代目実子で廃業した枝鶴なんかとも何か関係があるんでし
ょうか…。

67 :重要無名文化財:02/10/25 13:58
>>65ですが
仁鶴が吉本だったから他社の事は大きな声で言えなかったと云う意味
なんですよ。一門の中では双方の会社に恩義を感じてる者も多い筈。
だから大きな声では言えない。

68 :重要無名文化財:02/10/26 12:39
八代目はどうなるんでしょうね。大きな名前だから、いい加減な人には継いで欲しく
ないし、かと言って、やはり松鶴がいないのも寂しい…。

現実的には、「ワシが生きてるうちは継がんといてくれ」と言うてはる、松之助の気持
ちも汲んで、変な言い方ですが、もう少し代替わりしてから仕切り直し、ということ
になるのでしょうか…。


69 :重要無名文化財:02/10/28 03:32
笑福亭鶴瓶が好きです。

70 :重要無名文化財:02/10/28 23:56
>>64
仁鶴が若い頃、「どんなんかんな〜」でブレークしてTV・ラジオ等に露出
していたのを師匠松鶴がマジで嫉妬してたという話は聞いたことがある。
それで師は「どてらい男」の出演を受けたらしい。これはマイルス・デイビス
が「ヘッド・ハンターズ」でブレークした弟子のハービー・ハンコックに嫉妬
していたという逸話に似ている。

71 :重要無名文化財:02/10/29 09:04
>>70
六代目が仁鶴に嫉妬?
私が聞いたのは、仁鶴が六代目を尊敬できないと感じてた、とかいう話だったんです
が、結局師弟ともお互いに余り良く思ってなかったということでしょうかね。
それでも、六代目は仁鶴を七代目に指名してたというし…。複雑ですね。

72 :重要無名文化財:02/10/29 09:34
「あ〜ちゃん」はお元気なんでしょうか。

73 :重要無名文化財:02/10/29 12:08
>>71
>六代目が仁鶴に嫉妬?
数年前、テレビの「驚きもものき20世紀」で6代目が特集で、
松鶴が地方の独演会に行った時、
「あの有名な笑福亭仁鶴の師匠になる笑福亭松鶴師匠の独演会です!」
と宣伝したことに腹を立てたらしい。
また何かの本で読んだのが、「え?松鶴?あぁ、仁鶴さんの“弟子”ですか?」と
いう会話もあったらしい。嫉妬とはこれらのことじゃないでしょうか?

74 :重要無名文化財:02/10/29 12:55
仁鶴は入門が遅かった(確か25歳で松鶴門下に入門だったかな?)し、それ以前に
関西では素人ととして既に有名な存在だった。恐らく捨て育ちの笑福亭ということ
もあり六代目はこの惣領弟子に対してあまり稽古をつけたりしなかったのではない
かと思う。当の仁鶴の落語のスタイルはそれに続く松鶴一門の弟子達に比べて松鶴
色は非常に薄い感じがする。寧ろ彼は同じ吉本の文枝一門か林家染丸一門に近いの
ではないだろうか? その辺に詳しい方、いかがでしょうか?

75 :重要無名文化財:02/10/29 19:02
こないだ「男はつらいよ・浪速の恋の寅次郎」DVD観ていたら
松鶴師匠が出演なさってました。
新世界の安宿のロビー(のようなところ)のソファーで
ずっと寝転んでるおっちゃんの役。
30代の自分が松鶴師を映像でよくお見かけするようになったのは
「突然ガバチョ!」でしたから、
寅さんでの、少しお若くやくざな雰囲気は初めて見るお姿でした。
「突ガバ」では、いつもアポロキャップをかぶった愉快なおじさん、
という感じで、師への鶴瓶の愛が感じられる番組でした。

76 :重要無名文化財:02/10/30 09:28
>>73
それはひどいですね。松鶴の名前の重さもわからん奴が、独演会に呼ぶなよ、と言い
たい。「仁鶴の弟子」に至っては、物を知らないにも程がありますね。まあ、そのへん
は仁鶴のせいでもないので、ちょっと気の毒な気もします。

>>74
そう言われてみれば、仁鶴は松鶴どころか笑福亭の香りすら薄いように思えます。
文枝、染丸との関係はわかりません。詳しい人の降臨キボンヌ。

>>75
突ガバの六代目、可愛らしかったですよねえ。 上のほうでも書きましたが、鶴瓶と
鶴志の二人が特に師匠に対する愛情が深いように思います。見ていて、本当の父親に
対する愛情のようなものを感じました。


77 :重要無名文化財:02/10/30 09:59
若い頃の仁鶴は初代春団治をずっと追いかけてたね。
初代のフレーズ『〜ちゃんちゃこ』とか盛んに使ってたし。

78 :重要無名文化財:02/11/03 23:31
>>77
六代目自身が、素人時代の仁鶴を見ていて、てっきり春團治のところへ弟子に行くも
のだと思っていたそうです。
仁鶴はどうして六代目に弟子入りしたんでしょうね。


79 :重要無名文化財:02/11/04 13:32
>>78
三代目より六代目松鶴のほうが初代春團治のスタイルに近かったからじゃない?

80 :重要無名文化財:02/11/10 00:42
>>79
成る程。
仁鶴自身を見てると、>>74さんも触れられてるように、文枝のほうがイメージ的には
近いように思いますが、そのへんは本人の「初代春團治」への思い入れ、みたいなのも
あったんでしょうかね。

81 :重要無名文化財:02/11/12 15:26
>>72

6代目が亡くなって3年後に亡くなったのこと

枝鶴は相変わらずのノラぶりなんだろうね

82 :重要無名文化財:02/11/13 10:31
枝鶴って今どこでなにやってるのかどなたかご存知ですか?
教えて君でスイマセン。

83 :重要無名文化財:02/11/13 19:47
仁鶴は確かに笑福亭の香りはあまり感じないが、
仁鶴一門は結構笑福亭っぽい気がする。
仁福なんてそのものだし。
松鶴の直系弟子と仁鶴一門(仁鶴除く)は仲がいいって話も聞くし。

84 :重要無名文化財:02/11/16 01:27
そんな感じだねえ。

でも、仁鶴と鶴光って何度か共演してない??

85 :重要無名文化財:02/11/16 21:18
>>84
2年前の正月の笑点スペシャルにて
大喜利で共演していたね。
今思えばレアモノだ。

86 :重要無名文化財:02/11/17 19:16
>>85

あと、いつの頃かは忘れたが、
たまたま朝日放送(関西6ch)つけてて、確か土曜の12時ごろだったか、
笑福亭一門の番組があって、
仁鶴、鶴光、鶴瓶が司会やってた。
仁鶴が真中で、鶴瓶が左、鶴光が右。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)