2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

飯塚浩二と『人文地理学原理』

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/07 22:18 ID:2PIdaW5F
語ろう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/07 22:56 ID:36ebTXmx
今時、飯塚浩二を読む人がいるなんて、奇特な人も入るもんだ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/07 22:59 ID:2PIdaW5F
飯塚先生の本は主流じゃないのか?

4 :統廃合協議会:02/04/08 01:14 ID:U5cyR2o9
正式には、「私観による」人文地理学原理 という書名

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 09:16 ID:cRRSJoqS
>>3
飯塚浩二は、日本の地理学界のアウトサイダーを自任していた人物。
メインストリームの地理学者ではなかったでしょうな。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 10:31 ID:2u/5wc1b
水岡先生とどういう関係にあったの?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 14:57 ID:sI7eOcRx
飯塚浩二は『人文地理学原理』なんていう本を書いたことがあるのか?
ブラーシュのそういう題名の本を翻訳したんだろ(岩波文庫)
語ろうとか言う前にちゃんと調べよう>スレ立てたDQNへ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 17:16 ID:E8RZyx45
>>7
飯塚浩二は、Vidal を翻訳して日本語で『人文地理学原理』を書いた。
Paul Vidal de la Blache は、フランス人なので、フランス語で書いたんだろう。

7よ、1はあんたのいってるようなことは、どこにも書いていないぞ。

それから、ポール・ヴィダル=ドゥ=ラ=ブラーシュのことを「ブラーシュ」と呼ぶのは、
なんか素人っぽいよ。
普通は、ヴィダルと呼ぶんではないか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 17:20 ID:E8RZyx45
>>6
水岡さんが学者としてデビューする前に飯塚浩二は亡くなってるから、
個人的には無関係でしょう。
水岡さんは、飯塚浩二を、経済地誌派として、批判してるがな。
大昔の地理評を探して、私碑を読んでみなさい。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/08 18:02 ID:sT2tApdE
>>8
なぜそんな屁理屈をこねてまで1を擁護する?
それともただ7をいじめたいだけ?


11 :7:02/04/08 20:26 ID:sI7eOcRx
>>8
素人でした。スマソ
これからは、ブラシと呼ぶことにします 
書式コピーにとっても便利ですね (藁
それと、ラッツェルタンと喧嘩したんですってね。漏れの参考書にそう書いてあった。

12 :1:02/04/08 21:53 ID:zdf9UO4a
>>8
同意です

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/09 09:29 ID:FHoUEf2/
>>6
経済地誌の牙城、飯塚スクールの火よいずこ?
大野盛雄さんも、入江敏夫さんもなくなってしまったし。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/09 13:02 ID:5m4p5JUH
>>13
同じ流れを汲む人でご存命はまだいくらもいるよ。
鴨沢先生。江波戸先生。西川大二郎先生・・・

15 :元さいたま市長候補:02/04/09 15:12 ID:0Qv4P7Oq
西川大二郎先生・・・ おなつかしや。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/09 20:05 ID:K5Uzl5yE
竹内啓一先生がやたら飯塚ワッショイしていたけど、何か関係あるの?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 09:14 ID:sIq9ngvs
>>16
竹内氏はどっかで書いてたけど、学生時代は飯塚浩二には近づかなかったらしい
で、竹内氏が飯塚を持ちあげてるってのは、よくわからんが、学会での政治を
行っているということではないか?

18 :駒大生:02/04/10 09:53 ID:3PG5ZCRy
>17
権力の座にいるということは、「政治」が絡むということですか?
竹内先生にしても、中村先生にしても、佐藤先生にしても、
直接的な発言はせず、どこか曖昧な、言葉にいろいろと含みを入れる
ような話し方をしていますね。
この人達と話をするときは、自分自身が考えたことを確認しないと
いけなくてとても苦労します。やはり「政治」「権力」がからむということで。
そういう点で、小池センセはダイレクトで分かりやすいのでホッとしています。
そういえば、東大の先生よりも駒大の先生の方が良心的な人が多い
ということは、それだけ「政治」からのしがらみがないということたね。
まぁ、どこの世界でも政治はあると思いますしねぇ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 10:08 ID:kaKICsHt
>>18
>竹内先生にしても、中村先生にしても、佐藤先生にしても、
>直接的な発言はせず、どこか曖昧な、言葉にいろいろと含みを入れる
>ような話し方
あとから発言を問題にされ、追及されたときに、逃げ道を作っておくんだね。
>やはり「政治」「権力」がからむということで
TVとか見てたら判るけど、自民党あたりの政治家の定番的なやり口だよ。
学者のやり方ではない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/11 06:44 ID:a4nWdhTm
飯塚浩二も、戦時中は時局に迎合してたんだよね。
そういった迎合した論文は、著作集には納められてないんだよね


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/11 08:37 ID:Hm2tRMAZ
迎合しなければ、特高に捕まえられてしまったろうから、仕方がないことでは。
時期が時期だし。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/11 15:42 ID:xF8lnKAg
>>21
当時、時局に迎合した地理学者は数多くいるけど、制度学派の経済学研究でも
著名な経済地理学者、小原敬士は、地政学批判によって、特高に追われてしまった。
こういう例もあるよ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 23:48 ID:tNbq5RXB
あげとく

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 12:04 ID:idQA/Y60
>>16

>竹内啓一先生がやたら飯塚ワッショイしていたけど、何か関係あるの?

スーさんが直接飯塚氏の弟子だったとか、講義で習っていたか、なんとか。
スーさんの師匠でしょ?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 19:54 ID:O6Yxyf88
>>21
>迎合しなければ、特高に捕まえられてしまったろうから
んなこたーない。
「天皇は戦犯、氏ね」とでも逝ったらそりゃ捕まえられたかも知らんが、
ただ沈黙している分には、別に捕まえられない。
あえて時局に迎合する文章を発表したのは、文字通り「時局に迎合」した
かったからだYO。
同じように時局に迎合した学者に川西正鑑がいるが、彼は戦後追放され、
その後反省したのか、完全に研究の筆を折った。
飯塚は、戦後民主主義になったら、また民主主義万歳たいなことをいい
始める。
要するに、飯塚は、時流に流され、無節操なんだ。



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 08:02 ID:xPswnCh4
それはそうと、飯塚浩二の弟子筋にあたる経済地理学者って、
たいがい制度的には、地形学者の多田文男の指導学生なんだよね。
このあたりにも、東大地理学教室の辻村太郎の系列の一派と、
多田文男の系列の一派の暗闘があったんじゃないのかな?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 09:24 ID:waFJXher
多田系統ということは、駒大・法政大あたりが飯塚の影響を受けまくっていると
いうことかな。多田先生の影響はこの両大学では大きいからねぇ。
これで分かった。法政大にマルクスが多いことと、駒大の先生方が経済地理学会
に所属させられる訳も。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 17:55 ID:Vcqb4njz
何かで読んだんだけど、駿河台のM教授(共産党系の工業地理学者)は、
学生時代、辻村教授から、3人のIには近づくなと、恫喝されたそうだ。
その、3人のIの一人が、飯塚浩二で、もう一人が石田龍次郎だった。
ともに、日本の社会科学的な経済地理学のパイオニアともいえる人びとで、
辻村一派が、おもしろく思ってなかったことは想像にかたくない。
さて、もう一人のIであるが、その本ではたしか、お茶大の政治地理学者、
飯本信之ではないかと書いてあったが、儂は、もしかしたら、入江敏夫さん
ではないかと想像している。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/29 10:23 ID:/5tp62QB
この人は何者?

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)