2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イタリア人とは?(民族学&生物学的に)

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 19:09 ID:fAFReUNP
そもそもリソルジメント(国家統一)から百数十年しか
たっていない国民であり、文化的・民族的にも相当バラエティが
あるようだが、これがイタリア人というものはあるんでしょうか?

イタリアを上から下へ向かって旅を続けると確かに髪と眼は
黒くなり、身長は低くなっているように感じるんですが。
スペインやフランスの支配の歴史もあるし。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 19:12 ID:Jxb2SkX6
古代ローマ人とはちがうの?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 19:17 ID:fAFReUNP
フィレンツェのロレンツォ・メディチは自分のことを
古代エトルリア人の子孫だと言っていたそうな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 19:24 ID:fAFReUNP
こないだ見たディスカバリーチャンネルの再放送で
南イタリアの特集があり、日本のネーちゃんタレントが絶対
行かないような長靴の先端の僻地の村を紹介していたが、
ここは1950年代に道路が通るまで陸の孤島だった
そうで今も老人たちは古代ギリシア語!!をしゃべれるそうだ。
通りの看板もギリシャ語との並記になっていた。

ちょっと、イタリアの懐の深さを感じたね。

5 :1:01/11/07 19:30 ID:fAFReUNP
すいません1です。冒頭の書き込みを補足しますと
どちらかというと古代の話に限定するのではなく、
現代のイタリア人が古代からどういう風に繋がっているのか、
で結果今どういう民族学的分布になっているのか
というスレにしたいのですが。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 19:39 ID:W/L+53sP
サッカー選手の顔を見ると、
アラブ系っぽい人、ギリシアの彫刻みたいな人、眉毛が濃くてきりりとしたいかにもイタリアって人、
結構バラエティに富んでいる。でも多いのはいかにもイタリア系かな?
また、サッカー選手のHubner、スキー選手のKostnerといったドイツ系の人も北部にはいる。
アメリカへ移民したイタリア人の子孫であるミュージシャンや映画俳優は、
眉毛が太いいかにもイタリア系の人が多いような気がする。
ブルース・スプリングスティーンはでもギリシア彫刻系の顔だな。

7 :":01/11/08 10:03 ID:vg8fsC8N
イタリア系は同じ白人グループに見て取れるが、厳密に言うと、黒髪・黒眼・茶褐色肌

スタイルで、白人というより、ラテン系の茶褐色人種といった感じがある。

イタリアには行ったことないが、映画などを見ると、日本人より毛深く、同じ黒髪もイタリア系の方が、ドキツイ色彩感するが。
また、北欧人よりハゲも少ない様に思う。

しかし、マドンナやレオナルド・デカプリオみたいな碧眼のイタリア系もいるので、今では混ざって分からない場合も多いじゃないのかな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/08 11:48 ID:95NYSnDP
イタリア人の半分くらいの人は日本人と体の感じや肌の色が
かなり近いよ。日本人を気持ち白くした程度。
後ろ姿だと日本人と間違えるほど。
髪の色が茶色の人が2〜3割いるけど、それ以外の黒髪、褐色髪の
土着っぽい人は親近感があるよ。ただ、大雑把な目鼻立ちだけは違うが。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/08 17:25 ID:aPHB0mPY
NHKイタリア語講座にでているジローラモなどは身長はあるが
褐色系の肌や黒い髪などいかにもナポリ出身の南イタリア系。

逆にダリオの方は色白・金髪のラテン・ゲルマン系。
出身がトリノだしフランスの血も濃いのだろうか?
イタリア人にしては線が細い感じもするし。

一つの番組内で南北の人種バランスがとれています。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/08 17:37 ID:aPHB0mPY
>>9
確かイタリア最後の王室サヴォイア家はイタリア統一後
一時的にトリノを首都としていたと思うが、サヴォイア家
自体がフランスのサヴォイ地方の出だった。
ダヴィンチの時代はミラノまでフランス王に占領されて
いた訳だから北イタリアの左半分は相当フランス系の血が
入っているのでしょう。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/08 17:43 ID:aPHB0mPY
>>6
アメリカに渡ったイタリア人の子孫がいかにもイタリア的なのは
主に貧しい南部やシチリアからの移民が多かったから。

つまり私達のイタリア人のイメージは主に南部のイタリア人
(やや褐色系で眼がギョロリとして髪が黒い)を
指しているのです。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/08 19:44 ID:6UJlHgdW
ってか、ローマ時代には地中海をぐるりと囲んで、そっから、まだ先の
今のイラクやらサウジやらエチオピアに接するくらいまで、領土だったろ?
 ちょっとまえまでフランスと取り合ってた部分があったからフランス人と
交ざってるんなら、その前の何千年かのうちの何百年かは地中海全域の人種
と交ざってるだろうよ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい:01/11/08 23:58 ID:ipJXANAX

 ベースとして地中海人種がいて、ゲルマン人の乱入でロンバルディアを中心
に北方人種の血が入った。その後も北部にはフランスや神聖ローマやオースト
リアと継続的に関係した。このへんはまあ北方人種とかアルプス人種とかが主
だね。
 ただ、1の方、人種と民族を混同してない? してないならいいけど。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/12 08:55 ID:SxxwLys9
元々原住民の数も少なく、古代エトルリア人自体も移民だし、
古代ローマ市民も移民ばっかり、今でも移民ばっかりだよ。

15 :宇佐間 便羅人:01/11/25 20:21 ID:IAscvTk9
イタリア人は民族的には:
イタリック人→ラテン・ファリスキ人→ラテン人となってそこから分かれています。
まずインド・ヨーロッパ人からイタリック人が分かれ、
イタリック人はラテン・ファリスキ人とオスク・ウンブリア人とサベリ人に分かれました。
オスク・ウンブリア人はオスク人とウンブリア人に分かれましたが両民族とも滅亡しました。
サベリ人も滅亡しました。
ラテン・ファリスキ人がラテン人とファリスキ人に分かれました。
ラテン人からポルトガル人・スペイン人・フランス人・ルーマニア人・モルドバ人、
そしてイタリア人が分かれました。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/25 21:04 ID:mjz+Yo4p
イタリアは古代から多様な民族が混入してきた国
人種も様々

17 :南北問題:01/11/25 21:52 ID:ZborHqgZ
実際あまりにも北イタリアと南イタリアは違いすぎる。

ハプスブルグ家の歴代皇帝の熱望の対象が北イタリア支配であったことが
イタリア中世史を説明しつくしている。というかハプスブルグ家の歴代皇帝に
とってこれ以外になにか別の仕事をした人というのは非常に稀だといってもよい。
それが不幸なのか幸運なのか当時の住民に聞いてみないとわからないが。
まるで上杉謙信がなんどもなんども三国峠を越えて関東乱入をおこない
関東支配の夢に取り付かれていたのをおもいおこさせる。
上杉謙信が鎌倉鶴岡八幡宮での関東管領就任式をとりおこったように
ハプスブルグ皇帝にとってはローマは皇帝戴冠の地であった。

その皇帝就任以前の段階の皇帝選挙費用は主に南ドイツか北イタリアの
大商家によってまかなわれた。金融の発祥はこのあたりにさかのぼれる。

ニコラスケージがフランシスコッポラの甥といっても本人はまるで
北ヨーロッパ系に見える。フランクシナトラも碧眼だ。かといって
コッポラの撮った代表作映画、シナトラがハリウッド内外でつきあっていた連中
(その筋のひとたち)を見ても、この悪しき南イタリア的要素は全イタリアにはびこっている。

シチリア人は基本的には古代ギリシャ人だ。それにアラブとの接点、ノルマンの侵入、
フランス支配と皆さんご承知の米軍上陸に至るまで連綿と続く外部との交流が続いた。

コルシカ島からフランスの対外政策史上もっとも版図を拡張させた
人物がでたのは面白い事実だ。

ニューヨークのイタリア移民人口をもちろん忘れてはいけない。
ロッコマルケジアーノという靴屋の息子が世界ヘビー級チャンプに
なったときヤンキースタジアムでも別のイタリア人移民の子が伝説を
つくりあげていた。後にスターの座を新人のイタリア移民の子に奪われたが
このミッキーマントルという青年は透き通った白い肌のアングロ白人の容姿を
備えていた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/26 07:55 ID:WlM107ad
ジローラモとダリオは犬猿だけどなー

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/26 15:38 ID:JwPTJi/F
アメリカ移民の初期の頃、ユダヤ系と同様「白人」とはみなされず、底辺の生活を
強いられた。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/25 08:34 ID:T93dgywi


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/27 21:17 ID:K4LH31nA
>>1
「民族学」という言葉の意味を勉強しろ。
人種的にという意味で使いたかったのかもしれんが。
民族学≒文化人類学(社会人類学)のことだ。

少なくとも「イタリア人はどういう民族か」ということは
民族学の分野ではない。
>>9
ダリオは育ちはミラノだが、生まれは南イタリアだという話を聞いたことがある。
>ジローラモとダリオは犬猿だけどなー
マジか? 詳細キボンヌ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/28 15:42 ID:XwZ/oSnZ
アレッサンドロ・ナニーニは灰色の目だった

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/28 18:02 ID:Mzjba2WX
民族学的イタリア研究ってどんなのがあるかな。
日本だと金沢の宇田川先生ぐらいかなあ?

あ、学部の頃の文化人類学の授業でイタリア南部の
農村研究とか読んだ覚えがあるかも。どっちか言うと
フォークロアっぽいアプローチだったけど、やっぱり
今でも「イタリアという近代国家」への想像的同一化
だけでなくて、地中海周辺というリージョナルな
カテゴリへの同一化の感覚が生き残ってるんだなあ、と
感じさせる内容だった。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/28 18:12 ID:+khtEl8R
某イタリア資本の航空会社の便に乗ったところ
スチュワードは皆浅黒い肌にウェーブした黒い髪の
見るからに南方系の人ばかりでした。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/29 12:02 ID:aM6cSaqM
>>24
イタリアじゃあ半端な茶パツよりブロンドか、
逆にド真っ黒な髪のが受けがいいって話をよく聞く。
後、そのためか日本人がよく茶パツにしている事に関しては
「せっかくの黒髪がもったいない」
と言われるとか。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/29 13:03 ID:/32BDHJb
>>24
アメリカ人も言ってたが、プラチナブロンドもしくは黒髪の方がドキッとするほど魅力的だそう。
ほとんどの白人はマロン色髪だからそう感じるんでしょう。
ハリウッド界でも女優は金髪、男優は黒髪の方が売れるらしいし。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 13:12 ID:sNswFxkW
>>9
>出身がトリノだしフランスの血も濃いのだろうか?

ってゆーかフランス人と北イタリア人て同じだろ。(w


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 14:04 ID:y0fDinlP
南仏人とは近似値だろうな。
つか、あの辺人種民族ごっちゃごっちゃ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 14:40 ID:wu/Oi4JH
だからダリオの両親は南出身だって。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 14:43 ID:LCCHtBGI
北イタリアは町並みもキレイで裕福だしカッコイイ。
でも南が足引っ張ってるんだよな。(ワラ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 17:30 ID:U7EadBGC
ヴィスコンティ監督の「若者のすべて」も南北問題作品だよね。アランドロン萌

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 17:34 ID:U7EadBGC
ヴェルサーチ兄妹はイタリア最南端カラブリア出身
http://www.tsushin.tv/brand/milan/versace.html

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 20:48 ID:EQ7iW3Vn
個人的にイタリア人は西欧で一番親日だと思うがどーよ?
ネトゲーでイタリア人はいい奴ばっかだった。
でもすげーアメリカ嫌ってる奴とかいたよ・・。
「イタリアと日本は共に戦った友達だ!一緒にアメリカ人をぶち殺そう!」
とか言ってたよ・・。(ゲーム内の話ね。)
俺もアメ公は嫌いだけど、さすがに引いたな・・。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)