2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

リーマン 読書の勧め            

1 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:10
最近の若いリーマンは本を読んでないな。

本を読まず、仕事で少人数の、決まった相手としか話さないから(営業職は除く)、
智恵が足りない。すぐきれる。感情が豊でない。

本を読みましょう。私も以前は本を読まないお馬鹿でしたが、最近は
村上春樹などの本を良く読みます。すると、色々な考えがあるんだ
なーなどと、視野が広がります。また、感情も豊になりますし、
情緒もまします。生きることに役立ちますよ。
もちろん、新聞は毎日読みましょう。ビジネス雑誌も役立ちますが、
ビジネス雑誌はあくまでコンビニエンスですから、ちゃんとした
ビジネス本も読みましょう。

2 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:13
良スレ認定

3 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:15
京極夏彦は読みます

4 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:16
今読んでいる本

宮部みゆき 理由

5 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:17
>>4
宮部作品の最高傑作ですな。

6 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:17
西村京太郎は読みまふ

7 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:20
>5
今更だけどねー

8 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:22
>>7
火車・理由・模倣犯 この3つは傑作だね

9 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:24
>8
模倣犯は読んだ、映画も見た。
次は火車だね。
理由は丁度半分まで来たよ。

関係無いけどハリポタは全部読んでるよ

10 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:27
漏れは今「羊をめぐる冒険」を読んでる。
これこそ今更だけどねー
だよ

11 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:29
>10
新しければイイという物ではない。

と言ってきましょうか?(ww

12 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:29
巨匠宮本輝先生の作品はほとんど読み尽くしたYO!

13 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:31
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康・・・必死で読んだよ。

14 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:32
つーか、二人しかいないのか?
>1はどこに逝った??????????

15 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:34
>>6
俺も本を読む事はとても大事だと思っているが、西村京太郎の本を読んでも
全く知識が広まるとは思えない。教養なんてどこに書いてあるのだ?


16 :1:03/01/17 17:35
私は読書歴浅いので、村上龍、吉本ばなな、村上春樹などの作品が主体
ですが、書名をいくつも上げるだけの読書量がないのです。

17 :2:03/01/17 17:35
やっと>1が来た!

まったりいくべや!

18 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:36
>>1
浅田次郎の天国へ100マイルを読んだことある?

19 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:36
>>15
今までこのスレで漏れが挙げた本で知識と教養が深まるって言ったら火車・理由かな。
でもちょっとだけだけどね。

でもさぁ、小説ってそれを求めて読むモノじゃないっしょ。



20 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:38
新見南吉すき
童話作家としての人気はイマイチ(猫も杓子も宮沢賢治)だけどね。

21 :2:03/01/17 17:38
>15
教養と言うよりは知識だね
場面描写は結構リアルだよ
「本を読む」事の入門だと思えばいいだけじゃん

22 :1:03/01/17 17:41
>>18
ないです。浅田次郎は、椿山課長の7日間を読んだだけです。

23 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:42
毎週
週刊大衆は読んでます
毎日
東京スポーツは読んでます

24 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 17:44
一時期西村京太郎にハマッテBook ofで本を200冊ぐらい集めたよ・・・
しかし、今思うと時間の無駄だったと思う。
考え方なんて、殺人者が考える事しか載っていないし、警察官がどう犯人を
罠にはめようかなんて現実離れしすぎだよ。俺にとっちゃ全く関係ないことだよ。
西村京太郎にはまるのならば、芥川賞を受賞した歴代の作家達の本を読みふけって
いたほうが良かったかも・・・


25 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:44
漏れも、アサヒ芸能は欠かせません。
水曜と木曜の大スポも追いきりチェックには欠かせません

26 :ダークムーソ ◆.BL3bVIccY :03/01/17 17:45
>>19
理由はチョトおもしろい、火車はうーんまあまあかなぁ
模倣はかなりおもしろかった
ドリームバスターだかそんあのは途中でやめた
本も映画も、人によって違う感想だから楽しいよね

27 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:47
>>26
そうそうっ!
まさにダクムチョが仰るとおりで、宮部作品だけ見ても、
漏れは理由が最高傑作だと思うわけで、時代モノは食わず嫌いしてるわけで・・・

28 :ピーコ現品限り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/17 17:58
私も宮部みゆきの中では「理由」が1番好きです。
村上春樹では「世界の終わりとハードボイルド」が1番好きかな。
時空の違う話が交差していくっていうのがおもしろかった。
あと、天童荒太の「永遠の仔」も感慨深い小説でした。


29 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 17:59
永遠の仔は原作読んでないっす

30 :ピーコ現品限り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/17 18:04
ドラマも結構よかったですよね。
原作もオススメです。
彼の作品の「あふれた愛」というのも味がありました。

東野圭吾の「百夜行」って読んだことある人いますか?
彼の作品はそれしか読んだことないんですけど衝撃的でした。

31 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 18:05
>>30
ゴメン。
読んでない。

32 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/17 18:09
巨匠宮本輝はどうなん?漏れは大好きなんだけどさ・・・

1.錦繍
2.道頓堀川
3.優駿
4.夢見通りの人々
5.ここに地終わり、海始まる
6.葡萄と郷愁
7.青が散る
まだまだあるけど、これらは大好きですね

33 :2:03/01/17 18:15
東野圭吾はトキオでしょ

34 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 19:04
>>24
時間の無駄とは思わなくていいと思うけどね。
西村の本とか読んで読書癖をつけないと純文学とか
あるいはもっとハイブロウな本はよめないでしょ。

西村京太郎とかそういう作家は入門編なんだよね。

35 :名無しさん@明日があるさ:03/01/17 19:27
筒井隆康が大好き。
ただ通勤電車内で読むことはお勧めできない。

36 :名無しさん@明日があるさ:03/01/19 09:07
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

ここらへん参考にしたら?

37 :名無しさん@明日があるさ:03/01/19 09:23
新聞とビジネス雑誌と仕事の本を読むと、普通の小説を読んでいる時間がない。
ホントは小説とか読みたいのに。

38 :2:03/01/19 09:34
>37
ビジネス雑誌が不要だな

39 :37:03/01/19 10:21
>>38
確かに。
読んでいるときには、役に立つ情報だと思っているけど、
実際に役に立った事はほとんどないね。

40 :名無しさん@明日があるさ:03/01/19 10:30
学生の頃は役に立つと思って(教養、常識、広い視野を求めて)
読書をしていたが、それは間違いだってことに
気づいたよ
読書は娯楽であって、何かを期待してするものじゃないな

41 :ピーコ現品限り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/20 09:20
読書家の皆さんおはようございます。レス遅れてごめんなさい。
>>32
宮本輝は最近読み始めたんであんま数知りませんが、「ドナウの旅人」が好きです。
自分も旅をしている気分になれてよかった。
3-7は読んだことありますよ。

>>33
それ今度読んでみます!

女性の作家さんなのですが「小池真理子」読んだことある人いますか?

42 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/20 13:54
>>41
小池真理子さんって知らないっす。

さてさて、最近はブックオフに入り浸って100円/冊で買い漁る日曜日を過ごしていた訳ですが、
昨日久々に新書を見に本屋に逝ってみました。

いや〜
お金使いすぎました。
完全に需要と供給のバランスを崩してしまう購入の仕方をしてしまいました。
なんせ、巨匠宮本輝の新作を発見してしまったのでつ。

昨日購入した書籍

1.「星宿海への道」 宮本輝
2.「草原の椅子」 宮本輝
3.「地の星」 宮本輝
4.「血脈の火」 宮本輝
5.「天の夜曲」 宮本輝
6.「指」 栗本薫

う〜ん。
今現在でも読んでいない本が6冊溜まってるのに・・・

43 :えり子:03/01/20 14:47
>>19 >>26
あたくしは火車のほうがインパクトあったなあ。
理由は途中で挫折しました。

輝チンは、昔のはすごくよかった、錦繍とか。
最近は・・・・(以下略)

最近日本人では読むものがないので外国ものに走ってます。
クリスチャンジャックとか、おもしろいでつ。

44 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/20 14:49
>>43
そりゃ、再度理由をチャレンジしてみてください。

金繍の文章って恐ろしく美しいんですよねぇ・・・
男性の漏れがウトーリしちゃうくらい美しい・・・

やっぱ一般的に巨匠宮本輝は女性にファンが多いのですかね

45 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 19:52
夏目漱石を読んでくれよ。
三四郎、我輩は猫である、坊ちゃん の3つは必須。
あとは読まなくていい。

46 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 19:58
45歳でスパはまずいですか?

47 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 20:13
村上春樹を読んでいると無気力になりませんか?
宮部タンの作品の主人公は、地に足つけて生きてる印象があります。
理由、読んでみよう。

48 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 20:15
エッチ
http://66.40.59.93/xxxpink/

49 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 20:41
『豊かさとは何か』(岩波新書)てるおか いくこ(←この名前の漢字は難しくてね)

『人間とは何か』(岩波文庫)マーク・トゥエイン

この二冊があればキミも人間、人生観が変わる!!

和辻哲郎『風土論』(←だっけな?)もオススメ、というより、必須。

50 ::03/01/20 21:55
>>13
俺それ漫画で読んだよ。
俺の歴史の知識はそこからきている。

51 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 22:24
桐野夏生の「グロテスク」は、俺の中では久々に面白かったです。
文春をこのために毎週購入。
宮本輝といえば「避暑地の猫」をリア工房の時に読みました・・記憶はもう無い。

最近は、高杉良の本を読みます。「懲戒解雇」は面白かったよ。
「金融腐敗列島」のDVDを買うかどうか検討中。

52 :中学生:03/01/20 22:31
プラトンの「国家」は、俺の中では久々に面白かったです。
岩波をこのために毎週購入。
ニーチェといえば「ツァラトゥストラ」をリア消防の時に読みました・・記憶はもう無い。

最近は、ユーゴーの本を読みます。「死刑囚最後の日」は面白かったよ。
「レ・ミゼラブル」のDVDを買うかどうか検討中。

53 :肉体労働者:03/01/20 22:43
昔はHesseとかGoethe、TURGENEVなんかを読んでた。
いまじゃ仕事が終わると疲れて活字見る気が失せるよ。

54 :肉体労働者:03/01/20 22:47
>>42
愉楽の園は読んだ?
>>49
『豊かさとは何か』(岩波新書)、オレも持ってる12年くらい前の本だよね。


55 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 22:50
学生の頃は独、仏、英、米の作家の本は大概原書で読んでたよ

56 :名無しさん@明日があるさ:03/01/20 22:52
学生の頃は東南アジア,南米,ニューギニアの作家の本は大概原書で読んでたよ

57 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/20 23:47
ミーハーかもしれないけど、最近、辻仁成にはまってます。
最新作の「愛と永遠の青い空」はなかなかよかったです。




58 :名無しさん@明日があるさ:03/01/21 00:14
『豊かさとは何か』(岩波新書)

これは確かに旧い本だ。
だがしかし、その内容は今の時代にも当てはまる・・・

進歩のない日本の無策ぶりが見える本なのだ。

みんな、読むといいと思うよ。

59 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/21 00:19
新刊は読まない。古い本しか。
それだけ、人に愛され続けている本だから
読む価値がある・・・と勝手に思っているだけ

60 :名無しさん@明日があるさ:03/01/21 00:19

       キャッ♪
   キャッ♪     キャッ ♪
        ∧ ∧   
      ヽ( ´∀`)ノ  キャッ♪
      へノ   /     キャッ♪
        ε ノ   キャッ♪
          >
       キャッ♪



61 :ダークムーソ ◆.BL3bVIccY :03/01/21 00:21
今年読んだ本
「てのひらの闇」 藤原伊織
流行りの「TRY」 井上尚登

まー、2冊ともんーまあまあでしたオレは

62 :2:03/01/21 06:29
おはよー

そろそろお出かけ
電車の中で読む「理由」・・・飽きてきた
「幸田 真音」の「日本国債」もスムーズに読めるね


63 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/21 09:42
>>54
愉楽の園は読んでないんです。
読んでみますね。


64 :山崎渉:03/01/21 11:00
(^^)

65 :肉体労働者:03/01/21 20:25
>>63
宮本輝の作品で中年女性がヨーロッパを旅する物語ありますよね
タイトル何でしたっけ?

それとあなたのHNですがたしか大変な病魔と闘ってるんですよね
頑張ってください!

66 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/22 10:51
>>65
亡くなった祖父の秘密の足跡を辿りにフランス・エジプトを男性と2人で旅する話は
「オレンジの壷」ですね。
最近読んだばっかりです。

あと、スレ違いですが、応援メッセージ有難うございます

67 :ヌアイマー:03/01/22 20:24
ドナウの流れ

68 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 20:28
川上弘美の本、変におもろい。

69 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 20:41
>>1
いい年こいて村上春樹か。
おめでてーな。
龍、春樹、ばななしか読んでないくせにこんなスレを立てる度胸だけは認めるが。

70 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 21:08
良いじゃない、
これからいっぱい読めばね

71 :名無しさん@明日があるさ :03/01/22 21:43
今は石田衣良にハマリ中。
18の本はプロジェクトXにでた心臓外科医須磨を
モデルにしてるんだよね。感動。

72 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:19
>>71
うちも年末にかけて同じく石田衣良にはまりました(w
ウエストゲートバークから何から何まで読みあさりました。。。
彼の本はアップテンポで読んでる人をどんどん物語に引き込んでいくかんじがしますね。
TOKIOの長瀬智也主演のウエストゲートパーク物語は当時池袋に住んでた頃、ロケをしてる
のを何回か見かけたことがあるけど、そのときは全然とゆっていいぐらい興味が
なかったのに読み出したら見事にはまっちゃいました、、、

73 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:32
骨音もよかった。
キングがカッコいいんだよね。
サラリーマンからの一時逃亡。

74 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:33
>>73
骨音良かったですね。
外伝の赤と黒もなかなかおもしろかったっすよ!!

75 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:40
>>74
外伝??全部呼んだつもりだけどそれ知らない。
教えて。

76 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:43
>>75

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198613087/qid=1043242948/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/249-0956238-5501153

マコトやキングの登場が少なくてサルばっかりなんだけど、なかなかおもしろかったです。

77 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:44
赤黒は主人公がダメなオサーンなので親近感がw
最後の一発勝負が凄く好き

>>75

サルとキングが出てます。


78 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:47
>>76/77
在庫切れだよ!!

79 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:48
>>77
最後の一発勝負はスゴイ、スリリングでよかったですよねーっ。

80 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:50
リーマンなってから
長編小説読めないな
いつも途中で止まってしまう
宮部みゆきの「理由」が今、ストップ中でありんす

81 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:50
>>78
在庫切れですか・・・
在庫切れまでは面倒みきれません(w
12月に池袋のリブロで石田衣良の特集コーナーにやってたときはあった(w

大きな本屋さんとかに行ったら絶対あると思いますよー。


82 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:53
別に絶版になったわけじゃなくてアマゾンで在庫切れになった
だけだから本屋で注文すれば普通に買えると思いますよ。

石田衣良好きな人結構多いね。
リーマンとして、波の上の魔術師はどうよ?(ドラマにもなったね)

83 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:56
>>80
確かに・・・
朝の電車は日経読まなきゃいけないし、
夜はクタクタだし、英語もやらなきゃいけないし。
老後かな。
>>81
明日行ってみる。

84 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 22:57
>>82
波の上の魔術師もよかったっす。
ドラマは見てないんだけど、この本も読み出してから一気に読んじゃいますた。
これも主演が長瀬智也だったんですよね?石田衣良と縁がありますねぇ。

85 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 22:57
>>82
ビデオにとってちゃんと見たよ!

86 :名無しさん@明後日もないよ:03/01/22 22:58
『屍鬼』を全部読みきりました。

87 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 23:00
貴志祐介
桐野夏生
司馬遼太郎
向田邦子
真保裕一
は、だいたい読んだな。なんか統一性ないけどエンタメ系ってことで。
深沢七郎って知ってる?楢山節考はオススメ

88 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 23:00
>>84

 ラストの「市場は世界のどこかで必ず開いてる」っていうセリフ
(うろ覚え)にグッときました。
 石田衣良はセリフがいいんだよねー

 ちなみにドラマは老人役の植木等が結構ハマってました
 株板でも話題になったw

 
 

89 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 23:01
石田衣良もおすすめなのですが、うちの中では最近、辻仁成がなかなか熱いです。
最新作の「愛と永遠の青い空」を読んではまってしまいますた。
友情・家族愛・夫婦愛・青春とかいろんなテーマが入り混じっていておもしろかったっす。
あとは「サヨナライツカ」を読んで、ダイスキな人は大切にしなきゃって改めて実感させられた
1冊ですた。

90 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/22 23:03
>>88
石田衣良のセリフが良いってゆうのはわかるような気がします。
うちはアップテンポ且つスリリングな物語の流れがスゴイダイスキです。

植木等かぁ。ハマリ役かもしれませんね。
ビデオ出てるのかなぁ??出てたら借りて見てみなきゃ。

91 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 23:22
>>87
司馬遼太郎大好き。
秀吉がでてた何だっけなあ・・・
題名忘れたけど今でも感動したこと覚えてる。
>>88
株屋さん?
>>90
ビデオ出たらもう一度見たい。

92 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 23:54
>>87
深沢七郎の「風流夢譚」読みたいんだけど、入手方法ある?

93 :名無しさん@明日があるさ:03/01/22 23:54
おまいら近所の図書館を活用しろよ。月あたりで単行本10冊も借りれば
住民税分がチャラになる。

宮部みゆきや宮本輝みたいな人気作家ものはなかなか借りられないが、
古典的名作や話題のビジネス書ならたいていすぐ借りられる。
もしほしい本がなければ買ってもらうように頼めばいい。まともな本なら
割とすんなりオーダーが通るよ。入荷すれば当然一番乗りで借りられる。

買った本で部屋が埋まらないですむし、借りたら返さなくちゃならないので
ある程度周期的に図書館に通うことになり、結果として本を読む習慣もつくよ。

94 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 00:01
図書館行くと体が痒くなるのよね。

95 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 00:47
俺は本にがんがん書き込みするから
図書館はだめだな。

書き込み(色違いマーカーびしびし)しないと
読んだ気がしない。
借りた本だと半年後には読んだか読んでないのか忘れちゃうんだよね。
93さんはそういうの無い?

96 :きんた負けるな!:03/01/23 00:58
堺屋太一 組織の盛衰

97 :ダークムーソ ◆.BL3bVIccY :03/01/23 00:59
石田衣良はいいやね 全部好きだけど(あんまないけど)
「うつくしい子ども」が何気にお気に入り
今、母親が「スローグッドバイ」を読んでるそうですw

貴志祐介もいいやね 全部好きだけど(あんまないけど)
「クリムゾンの迷宮」「青の炎」がお気に入り

98 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 02:14
刑法総論講義/前田雅英著 東京大学出版社は超お奨め。
リーマンは法律書を読め。少しずつ、少しずつ、何かが
変わり始める・・・

99 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 03:18
ガイシュツかもしれんが
ザ・ゴールはおもしろかった
あと、英会話やってる俺には「英語は絶対勉強するな!」
は目からうろこだったわ。

100 : :03/01/23 10:07
やっぱカーネギーの「人を動かす」でしょ。
一見簡単そうなことばかり書いてあるけれど、いざ実行してみようとなると
ほんと難しい。

101 :山崎渉:03/01/23 10:13
(^^)資本論

102 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 10:23
外国人がみた日本
これこそ「正しい歴史認識」!!
http://academy.2ch.net/korea/kako/1014/10141/1014110105.html

   パァッ・・・ ∧_∧*
     *   (@∀@-)←輝いている
        φ 朝⊂)  *
     /旦/三/ /|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
     | 良 識 派 |/


103 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/23 10:42
入社したての研修期間の頃、教育担当の社員が、
「君達!一日に10分だけでもいいから毎日ビジネス本を読みなさい。
 その一日10分読む人間と読まない人間の実力の差は何年後かには
 物凄い大きさになってくるぞ!」
と言った。
僕は毎日寝る前に小説を読むのが日課だったし今も日課だ。
その時決めた。
僕はビジネス本読む時間があったら小説を読んでいたい。
差がつこうがつかまいが関係ない。

今までビジネス雑誌や書籍は読んだことがない。

差がついたのかな?
それは判らない・・・

でも、同様に小説を読む人間と読んでいない人間との差ってのも出てきてると信じている。

104 :ピーコ現品限り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/23 11:25
ビジネス書やハウツーものって読んだことないっす。
自分がいる世界と別の次元を楽しめるっていうんで小説のほうが好きですね。
こんなこというと人格疑われてしまうかもしれないけど、犯罪物を好んで読みます。
「人は極限でどのような行動を取るのか」が知りたいからかも。
そういう意味で貴志祐介の「青い炎」はよかったです。
桐野夏生の「やわらかな頬」もはまりました。

105 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/23 17:51
≫宮本輝作品について語ろう≪
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1015377298/

今日、徘徊してたら発見しました。

106 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 21:24
>>104
ハンニバルを本で読んだ?

107 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 22:17
自己啓発系はたま〜にオイル交換のつもりで読むのが(・∀・)イイよね

108 :力雄:03/01/23 22:34
>92
風流ムタンなら、当時載った雑誌(忘れちゃいました)が大きい図書館に置いてあるから閲覧してみては。
私は大学図書館でみました。

109 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 23:37
漫画だけど「ギラギラ」が最高。
リーマンにとっては夢だね。リストラ時代に力がわいてくる。

110 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 23:44
歴史関係の本がお勧め。偉大な先人の生き様に感動する。

111 :名無しさん@明日があるさ:03/01/23 23:49
>>107
中谷彰宏は良く読むなあ。
頭使わなくて良いし。

112 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:08
君馬鹿まるだしだよ。
頭使わないのは確かだけどね。
ネットでよかったね。
忠告するけど人前で中谷をよく読むなんていっちゃいけないよ。

113 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/24 00:13
なぜシリーズ

114 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/24 00:19
ちがった・・・ウチュ
なぜあの人はシリーズだった・・・
ぐぐってから書き込めばよかった・・・

115 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:19
ひみつシリーズ

116 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:19
>>112
そうなの。じゃあ訂正!
中谷彰宏と安岡正篤。
清濁合わせ読まないとね。
バランスが崩れる。

117 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:22
中野宏じ(こうじ、ね)

このひと。

118 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:22
大学時代までは小説が好きだったが、社会人になってからはビジネス・経済関係の
本しか読まなくなった。

ビジネス・経済関係の読書には、真面目に読むことが条件だが、
「分かる(理解できる)ようになる、そして徐々に読む本のレベルが上がっていく。」
という醍醐味がある。内容の類似する資格の取得の勉強にあわせて読むと相乗効果が
ありさらに喜びも大きい。

ただ何事もそうだがバランスが大切。小説を読んで偏りを正そうと思うのだが、限られた時間を小説に割くのはもったいないような気がしてついつい避けてしまう。



119 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:25
確かに小説は読むのにエネルギーが要らないからな。
どちらかというと気分転換、暇つぶしだろ。

120 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:26
>118
激しく同意。

ビジネス本のなかにも「プロジェクトX」的なドキュメンタリーがあったりして、
これを読みながら涙することもあるのでまあよしとしてるよ。

121 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:30
>>118
私も激しく同意。
数読むと本質がわかってくる。
良い本は3回ぐらいよむけど毎回新たな発見。


122 :118:03/01/24 00:35
そうだね。
3回位読むと理解が深まって記憶が定着し、
自分の血となり肉となるのが実感できる。

123 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/24 00:38
心理学はいいぞー
これで、上司も部下も女も
コロコロですよ

という俺も>>118に禿同

124 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 00:42
>>123
心理学の本でお勧めありますか?
教えてチョ。

125 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/24 00:54
>>124
本当は心理学じゃないけど、最近読んだので
河合はやお先生の「日本文化の行方」だったかな?
その中に、私探し・・・だったかな
つー所がよかったよ。
と、ダバダバでスマソ

126 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 01:58
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

ここらへん参考にしる!

127 :ピーコ現品限り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/24 09:49
このスレすごい賑わいだねー
>>106
はい、読みましたよ。レッドドラゴン、羊たちの沈黙、ハンニバルと読みました。
なんというかレクター博士の世界ってすごいですよね。
海外のミステリー系ではT・J・マクレガーという人が好きです。
最近新作全然出ていませんが。

ビジネス書を読んでる人も多いんですね。
発想の転換になっていいのかも。今度新しい仕事に関るときにやってみよう。

リングシリーズで有名な鈴木光司ですが、リング以外の彼の本を読んでいらっしゃるかた
いませんか?
私は「楽園」がすごくよかったと思います。
海に関係してる話がすごく多いですよね。あとは家族の絆とか。
タイトル忘れちゃったんですけど父親と子供の絆を書いた話がすごくよかった。
短編だったかな?橋の上でトイレットペーパーが転がっていくシーンがある話。
どなたか覚えていたら教えてください。
私も思い出したらここにレスします。


128 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 17:01
M.プルースト「失われた時を求めて」

話が長すぎて読んでるそばから忘れていく罠

129 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 17:03
レッドドラゴン、訳がひどすぎたな。

130 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 17:52
自分の読んだ本をいちいち自慢するスレはここですか?

てか、2chでの推薦をまともに受ける奴ぁいねーよ、タコ。

131 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 17:55
北方の三国志読んでる。
まぁ、いいわな。

132 :力雄:03/01/24 18:58
いま、小室直樹の痛快憲法学という本をよんどります。小室はなんかトンデモ本を書く人というイメージが
あって食わず嫌いだったのですが、まともな人だったんですねw。

133 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 19:44
>>130
ワロタ
自慢ぽくカキコ(・∀・)イクナイ

134 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 20:19
>>130
ハリーポッター原書で読んだYO!
絶対おすすめだから1度読んでみて!!

135 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 20:57
ハリーポッターは簡単な英語だから勉強に良い
みたいね。

136 :仙台人2号 ◆WiAiDNsl3A :03/01/24 21:01
白い闇  ジョゼ・サラマーゴ

その辺のホラーものより恐怖を感じました。

137 :クンニ大魔王:03/01/24 21:51
50代の上司に聞いたら
老眼のせいか本を読むのはめんどくさいと言ってました。
やっぱたくさん本を読むなら老眼が始まる前の若いうちかな?

138 :名無しさん@明日があるさ:03/01/24 22:08
推理小説なら松本清張がお勧め。
これから、犯罪しようと考えてる人にもお勧め。

偽白バイの現金輸送車3億円事件も、この作者の本から真似て起きたのは有名な話です。
殺人をするなら、逢えて自殺の名所で殺して、自殺に見せかける巧妙な殺し方が書いてあって、とても参考になります。

139 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 00:07
人格改造マニュアル

140 :虫圭:03/01/25 00:19
読んでみて面白いと思った本を
書くことがなぜ自慢になるのかわかんなーい。
愛読書で知能程度が測れるからある意味面白い試みとは思うが。

つーことで俺の愛読書は「おるちゅばんえびちゅ」
登場人物は全員決して報われることの無い愛に身を焦がしている。

かなわぬ愛と地球上のあらゆる生き物の持つ根源的な矛盾そのものを主題に据えている。
愛とは、欲望とは、人間とは、そして生きるとは・・・
読み返す度深く考えされられ、その度新しい発見がある。


141 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:02
>>140
なんか愛とか欲望とか矛盾とか・・・
そこまで読みきれるなら「般若心経」お勧めするよ。

142 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:24
家畜人ヤプーを読んだことある人いるかい?人種差別ってこういうもんなんだって、理解できた気がする。

143 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:28
結構みんなくだらないの読んでるんだね。帰りの電車で
くだらない本読むのって楽しいよね。清水義範とか最高だよ(w


144 :虫圭:03/01/25 01:28
「おるちゅばんえびちゅ」の抱えるテーマは深いのでち。
大般若経に匹敵しまちよ
ぜひ一読をおすすめしるでち。

145 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:34
>>142
それ途中で気持ち悪くなって読むのやめた。

146 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:36
( ´_ゝ`)読書だってさ フッ

147 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 01:43
>>144
お仕事なんですか?

148 :虫圭:03/01/25 01:46
りーうーまんでちよ


149 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 02:02
>>131
>北方の三国志読んでる。
>まぁ、いいわな。

そんな貴方には「武王の門(上下)」新潮文庫・各600円が
お薦めだ。

150 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 02:06
>>148
女性すかっ!!!

151 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 02:40
>>51
高杉良かぁ、俺も金融腐敗列島シリーズ読んだよ。
あと「挑戦尽きることなし」・「青年社長」も良いよ。
読んでると元気になる。



152 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 03:45
村上龍の「恋愛の格差」、さっき一気に読んだところ。
示唆に富んだ面白いエッセーだったよ。
女性雑誌に連載していたらしいが、男こそ読むべき、だな。

153 :力雄:03/01/25 10:52
>145
そっかー。確かに気持ちは悪いかも。人間ベソキとかね。

154 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 16:44
age!

155 :φ ◆CyT0gpxtu6 :03/01/25 17:48
みなさまお初です。こんな良スレがあるとは知りませんでした。

俺は村上春樹の本はほとんど読破してますよー。
中でも「ノルウェイの森」が最高傑作かな?

今は宮部みゆきの「魔術はささやく」を読んでます。


156 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 18:15
書名=タフ・ネゴシエ−タ−の「人を見抜く技術」
発行所=講談社(1,300円)
著者=山田修

著者のことは全く知らず、題名に惹かれて買ったが
結構面白かった。

157 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 21:03
>>1

感情が豊でないのは読書が足りないばかりではないと思う。
美術鑑賞、田舎のうまーい空気を吸う。

読書以外にも感情豊かになれるものってなんですか?
ちょと話題を変えてみよかな。

158 :名無しさん@明日があるさ:03/01/25 21:05
>>157
映画観る。
なるべく自分に似た設定で、感情移入できるものが良い。



ヤバイやつ居ないだろうな...(W

159 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 01:09
>>155
「ノルウェイの森」かあ〜
懐かしいな。
あの頃は青春してたなあ〜。
主人公はナオコだっけ?

160 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 01:12
直子。
漢字でかいてた。

手で抜いてもらう場面に萌えた大学時代。


161 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 01:19
( ´_ゝ`)感情豊かだってさ・・・フッ

162 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 01:20
>>160
一緒!一緒!

163 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 12:58
司馬遼太郎「坂の上の雲」
ド定番と言われそうだが、良いものは良い。

164 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 15:02
>>163
俺も一票。

司馬を知らない若いリーマン達は
「司馬小説=オヤジ小説」と思われているかもしれない。
(【ビジネスHOW TO】と語られることも多いしな。)

しかしそんな先入観は捨てて、読んでみて欲しい。

男の子なら血湧き肉踊るとても面白い小説だと思う。
(特に3巻あたりから止まらなくなる。)

165 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 15:15
芝量って洗脳作家だよ
(俺も面白い作家だとは思うけど)
喜んでよんでたらだめだよ

166 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 15:35
>>165
それで洗脳されるもよし、
あんたみたいに気づくのもよし。

167 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 15:39
感情は豊かにはなるが、悪い方に豊かにもなって困る。

168 :JET尾崎:03/01/26 15:47
ありがとう参考になりました
電車の中で平気でヤンマガ(沼工バレーボーイズ)
とか読んでる僕が客観的におこっけいに見えてきました。

169 :JET尾崎:03/01/26 15:50
おかげでエロネタのほうには
豊になりました。

170 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 15:55
年末年始に宮部の理由を読んだ。
みんなが誉めるのがわからなかった。
良質の小説は、読書後に名状しがたい感覚がじんわりとおそってくるもんだが、理由は
あっそう、ってかんじだった。緻密な作りではあるが、深みなし。いってみれば、
ソフトは充実しているが、ハードに広がりがないといったかんじ。
レトリックも食傷気味で、まさにストーリーのみに重点がおかれた推理・ミステリーの
王道を逝っているような作品だった。


171 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 16:07
>>170
たしかに彼女の修辞法はおもしろくない。
やっぱり、夏目、谷崎、三島に限る。


172 :世直し一揆:03/01/26 16:08
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉する(しかも好戦的・ファイト満々でキモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとす
る(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際には
たいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く
、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「世間体命」、「〜みたい
」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は
個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)

173 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 16:26
>>170
あなたの指摘するようなことにはなんとなく気がつきながら読者は彼女の作品を
読んでいるんだと思う。ただあなたのようにそれを説明する言葉を持ってないうえ、
何より絶対的な読書量が少なくて比較のしようがないというのが実際のところじゃないのかな。

「火車」には衝撃を受けたけど、自分よりも頭のよさそうな人間には勧める気がしない理由が
あなたの文章を読んではっきりしてきたよw

174 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 16:37
>>172
いろんなスレで見かけるけど
発生するタイミングには何か意味があるの?
(ある一定の言葉に反応するとか?)


175 :170:03/01/26 16:53
>>173
時間がないリーマンは古典文学を読むに限るよ。
現代小説は結局、古典の焼き直しだし、文章の基本というか普遍性が
あるのは文豪といわれる人の作品。それに固執せずに独自の世界を構築できる
作家は現代ではほぼ皆無でしょ。多様化、才能の流失で文学は終わってるというか
出尽くしたんじゃないかな。




176 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 17:13
最近、哲学書にはまりだした。
今はハイデカー読んでる。
原書は読めないから翻訳だけど
岩波文庫よりちくま学術文庫の方が翻訳がいいよ。

一冊買うと一ヶ月くらい楽しめるから
2時間で読める小説より安上がりだ。
なにかオススメのある??

177 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 19:35
最近、新書を流し読み。今読んでいるのは、野口悠紀雄の
「『超』文章法」。自らの書く文章の弱さを適切にえぐり出して
くれる。野口悠紀雄の他の本については知らないが、この
本は面白い。

>>175
同意。わたしは、同じ理由で岩波文庫が大好き。歴史のフィル
ターを潛り抜けてきた本は、我々にも訴えるものがあります。

ちなみに、私の本の買方
・岩波文庫→タイトルと帯色を見て購入判断
・岩波新書→タイトルと帯、それと表紙裏のコメントを見て判断
#それだけで判断できなかったら著者略歴を見る
・その他新書→原則として選考外。ただタイトルが面白そうなら時々購入。
・その他の文庫→熟成して岩波文庫の一つになるのを待つ
・まんが→原則、絵買い


178 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 21:21
新書は中公の方がおもしろいだろ


179 :φ ◆CyT0gpxtu6 :03/01/26 22:21
直子萌え〜

180 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:22
お薦めの新書を教えてください。

181 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:38
新書だったら絶対ブルーバックスだ。

182 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:38
>>180
中公新書
ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争 谷岡 一郎

183 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:38
落合信彦とかはもぉ流行らないでつか?
読んでると自分のやってる営業が虚しくなってきて
好きなんでつが。

184 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:39
落ち合いって痛すぎで面白いとは思うけどね

185 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 22:42
伝言のPART2だっけ。セナへのインタビュ−は
背筋が凍った。
あとは傭兵部隊だなあ。

186 :イチタロー@固定さんはサービス業♪[ver4.9] ◆wDichi49hk :03/01/26 22:50
>165 名無しさん
>芝量って洗脳作家だよ

面白い意見ですね。出来ましたら、深く語って頂きたいです。
ま・凄い知識の量に裏打ちされた意見をズバッと
主張するタイプだから、影響を受け易いとは思うけど。


187 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 23:00
芝量=洗脳作家激しく同意。何かの雑誌で彼の手にかかると
織田信長や斉藤道三までもが善人になってしまうと批判されてましただ
ある人物を読者受けする人物像に作り変え、作品の中に都合のいい資料
を羅列してるだけ

188 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 23:03
>>187
人物像を都合よく作り変えてない歴史作家っているのか?

189 :けろっぴ=165:03/01/26 23:06
それは私の書いた洗脳の意味と違うですが。

>>187
歴史小説ってそんなもんだと思いますが?
所詮小説ですから。

190 :名無しさん@明日があるさ:03/01/26 23:16
上杉膺山。
あのケネディーも崇拝してたらしい。
日本の歴史もマンザラじゃない。

191 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/27 10:30
盛況ですね、このスレ。
ずっと村上春樹って手を出していなかったんですが、ちょっとしたきっかけから読み始めました。
今まで読んだのは、
@国境の南・太陽の西
Aノルウェイの森
B海辺のカフカ
C羊をめぐる冒険
読んだ順番です。

最初の2作品を読んで、カフカを読んだら、こんな非現実的な世界を書く事もある人なんだ!
とビックリしたんですが、羊をめぐる冒険を読んで納得!
こういう世界が得意な人なんですね。

因みに今はダンスダンスダンスを読んでます。

今の処、カフカが最高傑作かな?ボクが読んだ中では

192 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 11:27
>>191
人それぞれなんだなあと、思いますた。
わたすはカフカは全然だめだった。

193 :ピーコ@ヒール気取り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/27 12:38
カフカはまだ読んでいないんだな。
ダンスダンスダンスの「官能的雪かき」って表現好き。

>サウザー
ぜひ「世界の終わりとハードボイルド」も読んでみて。
かなり春樹ワールドです。

194 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/27 13:01
>>192
ホンットに人それぞれですよね。
このスレの上のほうでも出てきましたが、宮部みゆき作品の好き嫌いも
人によって全く違うし・・・
(因みにボクは理由がモスートフェイバッリトでつ)

>>193
官能的雪かきって丁度昨夜読んだ部分でつ。
世界の終わりとハードボイルドね、了解!



195 :ピーコ@ヒール気取り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/27 13:08
>宮部みゆき
「理由」好きだけど小説っていう感じはあまりしなかった。
「摸倣犯」は話が広がりすぎてまとまりがない印象があったな。
ほんと、感想って人それぞれだね。

196 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/27 13:16
模倣犯は、正直著者が歳月をかけすぎた感が否めない。
だって、最後ダレちゃってるんだもん。

上巻のスリリングな展開は、「今夜貴女は眠れない」って感じだけど、
下巻になるとチト中だるみしちゃってたね。

そうそうっ!「今夜貴女は眠れない」で思い出したけど、
皆様が夜も眠れなくなった本って何でつか?

ボクが最近眠れなくなったのは、ズブだけど五木寛之「青春の門」

197 :ピーコ@ヒール気取り ◆PiKOBVjAM6 :03/01/27 13:20
山崎豊子の「沈まぬ太陽」

198 :南斗鳳凰拳伝承者 性帝サウザー ◆ero//pXra2 :03/01/27 13:23
>>197
メモメモ。

199 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:29
>>198
3巻目の御巣鷹山は男泣き。
ハッピーエンドで終わって欲しかった。
山崎豊子は「白い巨塔」が好き。

200 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:31
>>196
若い頃に読んだケインとアベルや、
ロスノフスキー家の娘なんかがまさにそれですた。
本読んでて、よく夜明けを迎えたなあ。

201 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:32
>>199
山崎豊子の大地の子も俺にとってはよかったな。

202 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:37
>>201
大地の子は読んでないや。
渡部篤郎が・・鼻にかかって。

203 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:40
だれが「本」を殺すのか
佐野 眞一 (著)
1,800円

このスレ見ちゃうような本好きならば楽しめるはず(藁)。
個人的には1,800円は高くなかった。



204 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:44
佐野 眞一は一冊だけ読んだことあるけど、
それミステリーなの?エッセイ?

205 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:50
加藤締三先生の本に何度人生を救われた事か。


206 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 21:57
>>205
俺もそう。
サラリーマンの5年間ノイローゼで人生無駄にしたことが
あったけど加藤締三先生のおけがで脱した。
あの頃はバブルだったから良かったけど今ならリストラに
合ってたろうなあ。

207 :203:03/01/27 23:22
>>204
ノンフィクションです。
書店業界やら出版業界について興味深く書かれてるよ。
貴方が本好きならきっと気に入ると思います。

208 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 23:29
G.サヴァン 「僕の美しい人だから」
26歳のエリート広告代理店マンと、バツイチ42歳のウェイトレスが
恋に落ちる話。きれいごとじゃなく、感動する。映画化もされた。
熟女マニアには超おすすめ。
映画もおすすめ。ただしかなり古いのでビデオ屋に逝っても
無いと思われ。本なら新潮文庫から出ていてちょっと大きい本屋
なら必ずあると思われ。

209 :名無しさん@明日があるさ:03/01/27 23:32
>>175
禿同!
古典文学を読み漁った人ほど、現代の小説はつまらない、って言うね。
それは、175が言ってるように文学の根幹を成す人の心の根っこや
幹の部分は、古典で出尽くしたからじゃないかな。
後は、枝葉を見て楽しめるかどうかってところだろうね。

枝葉から入って幹の部分に興味を持っていければ、読書は
苦じゃなくなる。そのうち、本のほうから「おいで、おいで」
って手招きしてくるよ。

210 :205:03/01/28 00:08
>>206
私はまだまだ暗中模索の身でありますが、
加藤締三先生に影響された206さんの様な書き込みを見ると励みになります。

211 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/28 00:14
>>208
何年か前に「僕の美しい人だから」はレンタルで借りて見たっす。
なかなかおもしろい映画ですた。

212 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:18
>>211
本も読むと良いと思われ。
映画とはまた違った雰囲気が味わえると思われ。
ついでにGサヴァンの他の作品も読んでみると良い
が余計なお世話だったら正直、スマンカッタ・・・
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(-)(-)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < 正直、スマンカッタトオモッテイル・・・ハンセイモシテイル・・・
   \|   \_/ /  \_____ 
     \____/




213 :女工作員 ◆/KmRLBxDQ6 :03/01/28 00:22
>>212
今度、本屋さんに行って探してみますね。
おととい、レンタルで「GO」を借りて見て、昨日、原作を買ってきて、さっき、
読み終わりますた。やっぱり、映画と原作では微妙に違うけど、映画とは
違ったおもしろみがありますた。

214 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:24
お前ら、チャールズ・ブコウスキーって知ってるか?
変な名前なのはドイツ系アメリカ人だからだ。
ホームレスをしながら反自伝的な作品や詩を書いて
全国を放浪したんだ。しかもアル中。
晩年は酒を浴びながら印税でかなり良い暮らしを
したらしい。一度読んでみると良い。
例え孤立しようとも、世間から白い目で見られようとも、
「おかしいものはおかしい」
とはっきり言える姿勢を彼の作品から学ぼう。

215 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:24
加藤締三なら午前の営業の途中で聞く人生相談では
いつもなかなかいいコメントを発していたのを覚えているが、
なにより良かった本は・・・

      『我が息子よ、君はどう生きるか』

作者忘れた。でも超有名な本。人生論。
いいと思うよ。

216 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:33
>>208

大学2年のころに読んだ記憶があるよ。5年前くらいか?
今は経済小説ばっかり。特に相場小説。赤いダイヤ面白いから
読んでみ。あとはスクウィーズという本も一気に読める。
あくまで相場が好きな人限定だけど。

217 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:45
思想書なんか読んでるリーマンいない?


218 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 00:48
加藤テイゾウってさ、教え子(早稲田学生)に手をだして
自殺未遂やらかされたりしてるよね
なかなか発展かだよね

>217
「環境と科学技術者の論理」つーの読んだよ
必要があって読んだけど必要ないならこれはお勧めしないよ。
トランスレーションが酷い

219 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 01:43
良スレだけど、漏れが知ってる本が一冊もでてこない。

220 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 05:53
漏れは入社2年目だが、仕事と関係ない本をビジネス書と並行して読んでます。
最近はハイデガーの「存在と時間」ですがマジで分からん。1ページに5分費やす。
岩波で上中下あるからそーとーかかるな。でも少しずついろんな本読んでると、長い目で見れば
いい人生送れるんじゃないの?と勝手な自己マン中。

221 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 06:34
http://jsweb.muvc.net/index.html
 ★お気に入りに追加してしまったアドレス★

222 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 09:56
んじゃあ漏れもたまには真面目にレスしてみよう。
仕事中に2chで遊んでる人には、会社の仕事に意義を感じられない人も多い
のではないだろうか。なぜ働かなければいけないの? そんな人にお薦めします。

『自然と労働』『思想としての労働』『貨幣の思想史』

著者の内山節は哲学者だけれど、難解な哲学用語はほとんど出てきません。
経済至上主義の真っ只中にいるリーマンこそ変わらなければいけないのでは?


223 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 10:21
サンマーク出版 「カシコギ」 趙昌仁 

韓国で出版され、翻訳された本です。去年の春出版です。
特に息子をもつリーマンにはお勧めです。
私は通勤途中読んでましたが涙がこぼれそうでした。
読みやすい本なんですぐ入り込めます。
おすすめです。



224 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 21:09
>>210
よかったらブルーバックスの
「不安のメカニズム」クレア・ウィークス著
読んでごらん。


225 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 21:16
>>220
 ハイデガーが書いてんのは一体何処の国の言葉なんだ?
 宇宙語か?

226 :176:03/01/28 22:16
>>220
だからさ、岩波の翻訳は糞なんだってば。
他(の出版社)で読めるのは岩波は止めたほうがいいよ。
筑摩学術文庫と読み比べてみなよ
ちょっと高いけど岩波より全然いいよ。



227 :225:03/01/28 22:42
>>226
 おお、ありがとさん。 ハイデガーという地球外生命体がいるのかと思ってたよ。
まぁ、今度筑摩にチャレンジしてみる。

228 :名無しさん@明日があるさ:03/01/28 23:06
疲れた時、ニーチェを読むと、不思議な読後感に襲われる。
これが、なぜか心地良い。

今迄ニーチェで読んだなかで、一番頭に深く刻まれたのが
「道徳の彼岸」。これを読んだ後、なにかと事象の中に不調
和を求めてしまうようになってしまった。

229 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 08:49
加藤「締三」じゃなくて「諦三」じゃないの?

230 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 22:06
ニーチェやハイデガーは難しくてわからん。
そういえば誰だっけ・・京都大学の・・
知がなんじゃらかんじゃら言ってた・・。
忘れたがあれもわからんかった。
雀鬼桜井の本はどうよ。
20年間無敗の男!
しびれるぜ。

231 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 22:35
加藤諦三とかさー、「話し方で性格を変える方法」とかさー、「つらさに
耐える心理学」とかさー、学生の頃からその類の本をよく読んでたよ。
救われたくてね。でも、あまり読みすぎるとよくないよ。「とにかくあいさつ
しましょう。あいさつされて不愉快になる人はいません」とか書いてあって、
でそれを信じてがんばってあいさつしたらキーッと睨み付けられたりしてね。
俺そういうの読み始めてから親が大嫌いになった。たいていどの本にも書いて
あるでしょ? 「あなたのせいじゃない。親が悪い」って。加藤諦三とか父親
のことめちゃくちゃに嫌ってるじゃん。
精神論の宝庫。特に外国人が書いたやつはお勧めしない。
とか言いつつ中谷彰宏を読む俺だ。

232 :217:03/01/29 22:49
おお!やはり哲学に耽るリーマンはいた!
神はまだ死んではいなかった!!
小説やビジネス書もいいけど、やっぱ
小難しい本を一日中読んでいてーな〜。
「存在と時間」いいですね〜。

233 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 22:55
おれがよく読むのは落合延彦。
読んでるとパワーが出てくる。


234 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:28
>>231
いるじゃん!
中谷信派。馬鹿にされたけど。
結構人生の糧になるよね。

235 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/29 23:29
今日はマガジンを読んでしまいました!

236 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:31
ドストエフスキーの罪と罰で感動しますた
素晴らしい作品 おすすめ

237 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:33
>>236

そうか?
一人暮しなんで読んでて痛い作品だよ
ダメ人間は読まないほうがいいぞ


#でも最初のほうに出てくる、酒を飲まされて悪い男たちにオモチャに
 されてしまった娘にはちょっと萌え
 ロシアのティーンは最高だネ!!

238 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:35
>>236
ドストエフスキーは読み始める勇気が・・・
本当に面白い?

239 :けろ蛙:03/01/29 23:37
>>234
>中谷、結構人生の糧になるよね。

               ほ ん と か よ っ !

240 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:41
>>239
まだわかってねえ奴がいっか。
中谷が女性向けに書いた本よんでみい。
男としても通ずる部分があるよ。
大体昨今の男は弱すぎなんだよな。
現在の女性の強さみたいなものを具間みるよ。きっと。

241 :a:03/01/29 23:42
--------●○復讐屋○駆込み寺○悩み事相談室○●--------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★別れ工作・仕置き人!
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・
債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所調査・等など
★何でも気軽に相談OK!http://www.blacklist.jp/
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します★
●下記記載のURLは・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/ ★裏社会の相談役まで!
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態!
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!
http://www.blacklist.jp/i   
---------------------------------------
リンク→(秘密探偵社)http://www.okudaira.co.jp/ 


242 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:43
>235
電車の中で漫画(特に少年誌)を読んでいるリーマンは恥ずかしいぞ!

243 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:45
>>242
ほっとけばいいじゃん。
気になるのは器が小さい証拠。

244 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/29 23:48
電車の中じゃ読まないよー
寝るだけだもーん


245 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:56
神との対話 
これ最強。

246 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:57
 >237確かに主人公と自分を重ね合わせると犯罪者になりかねないかも(w
あの小説を読んでいて萌えるのはマジすごい 俺はストーリーを追うのが
精いっぱいだった・・・
 >238恥ずかしながら登場人物のロシア名がややこしく
なかなか進まなかったけくて読み終わるのに時間かかったけど
時間があれば読む価値は十分あると思うよ


247 :名無しさん@明日があるさ:03/01/29 23:59
>>245
「生命の暗号」読んだ?


248 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:01
>>246 FROM 238
そう聞くとやっぱ抵抗あるな。

249 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/30 00:02
ただ話題づくりに漫画は必要だよ
若い者についてくために・・・
つかチラッと話題を出すだけ・・・
結構乗ってくるよ!
「一歩君はもう世界チャンピオンか?」
とか・・・
奴らは俺が一歩君を読んでいることを知らないプッ

250 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:06
>>249
女も結構あれは読んでる(TVでみてる?)よね。

251 :ジャバダバ ◆VIJAVA/ulo :03/01/30 00:08
>>250
そーです。何事も話題づくりです。

252 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:11
罪と罰のラストは本当に素晴らしい。


しかし
ドストエフスキィの世界は心の健康な者にはあまり理解出来ないものであろう。



253 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:13
>>250
男性は本でなんとかなるんだけどねえ〜。
女性の話題は難しいわ。
前のハイデガーなんてスグひかれるだろうし。

254 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:15
>>238
「罪と罰」を読んだら、「カラマーゾフの兄弟」もお勧め。

255 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 00:24
高村薫「マークスの山」
主人公をみてらた、
リーマンを頑張ろうと思う。

おんなじ意味で真保祐一「ホワイトアウト」

256 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 11:34
北方謙三。三国志・水滸伝を読んでいる。ページを開いた瞬間に自分は大中華平原の真ん中に投げ出される・・・

257 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 14:15
おめーら白川通よめ

258 :いーすと:03/01/30 14:24
>>1
自己啓発の本を読んでますが、何か?

259 :ピーコ ◆SLj/QL/Hb. :03/01/30 14:59
>>257
白川道じゃなくて?「天国への階段」の人だよね?

260 :ピーコ ◆PiKOBVjAM6 :03/01/30 14:59
>>259はトリップ変


261 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 21:10
一部上場企業にいても同世代の回りは少年ジャンプにサンデーしか読んでねーよ
皆さんの回りは?

262 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 21:15
>>261
少年マガジソしか読んでませんな。。

263 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 21:16
『怒りのぶどう』

これ最高。

264 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 22:18
合田雄一郎age

265 :仙台人2号 ◆WiAiDNsl3A :03/01/30 22:21
高村薫大好物です。

マークスの山からレディ・ジョーカーまで
合田ものは全部一気読みですた。

でもどっちかつーと
「リヴィエラを撃て」の方が好きだったりします。

266 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 22:32
親日派のための弁明

半島情勢の背景にある精神構造を理解するのにお役立ち

267 :名無しさん@明日があるさ:03/01/30 23:08
>>265
漏れ3部作好き
文庫版「マークスの山」がようやく(強調)でたし、
も一回読みなおすか

ちなみに一番は「黄金を抱いて翔べ」だったりする

268 :名無しさん@明日があるさ:03/01/31 20:13
ダイスをころがせ! 真保裕一
(毎日新聞社 1,800円)
読んでて元気が出てくる前向きな本。

269 :仙台人2号 ◆WiAiDNsl3A :03/01/31 23:06
>>267
俺はモモさんが好きだった!w
クライム小説だけど、ハッピーエンドがうれしかったよ。

270 :名無しさん@明日があるさ:03/01/31 23:31
晴子情歌は今後シリーズ化されて合田が出るらしいよ(マジです)


271 :名無しさん@明日があるさ:03/02/01 10:08
「レディージョーカー」
三好管理官が焼身自殺した後の合田と加納の
やりとりのところが真骨頂。

272 :名無しさん@明日があるさ:03/02/02 11:31
>>268
真保裕一ならば、「奪取」(講談社)も面白かったよ。

273 :名無しさん@明日があるさ:03/02/02 13:18
やっぱ三浦綾子だな・・・

274 :仙台人2号 ◆WiAiDNsl3A :03/02/02 15:19
>>273
羊ヶ丘でかなり鬱になったぞ。

275 :名無しさん@明日があるさ:03/02/02 23:21
伊藤忠社長・丹羽宇一郎

哲学的で論理的な想像力は、読書で養われるというのが私の持論です。

 人をつくるのは人生経験ですが、それに代わるのが読書です。しかし、読書はすぐに点数に結びつかないから、その時間も減っているのではないでしょうか。

 新入社員の面接時に私が聞くことといえば、どんな本を読んでいるかと、酒はどれくらい飲めるか、ぐらいですね(笑い)。聞いてみると、今の人はろくな本を読んでないなあ。



276 :名無しさん@明日があるさ:03/02/02 23:24
>>273
塩狩峠だったっけ・・。
電車が山道で暴走したとき、乗客を守るため車掌が車輪に飛び込んで
自らブレーキになった話。涙が戸マラねえ・・。しかも実話。

277 :名無しさん@明日があるさ:03/02/03 16:46
突然お邪魔して申し訳ございません。
ネットキャッシング。24時間年中無休宣言!!

ここのネットキャッシングは来店不要で遠方の方でも全国振込融資OKです。
モットーは勤務先や身内にばれない様、絶対秘密厳守です。
特別にネットからの申し込みだと、借入件数が多くて他で断られた方専用の
申し込みコーナー有。融資率95%以上だそうです。
一週間無利息なので試しに申し込んでみては。
http://square7337.com/
i-modeからはhttp://square7337.com/i/


278 :名無しさん@明日があるさ:03/02/03 20:16
国際情勢板書評スレ「皆さんのお勧めの本を教えて下さい 」
http://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/982598200/l50

279 :名無しさん@明日があるさ:03/02/04 22:38
age!

280 :名無しさん@明日があるさ:03/02/07 20:21
東京スポーツ

281 :名無しさん@明日があるさ:03/02/07 20:45
>>276
三浦綾子なら、氷点と続氷点もいいよね。
殺したいほど憎んでいたヤツがいたんだけど、
この本読んで、ちょっとだけ気が静まった。
「許す」って難しいよな。

282 :名無しさん@明日があるさ:03/02/07 23:03
スピリッツに決まってんだろ!

283 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 00:31
>>252
ドストは心が腐ってるときに読むとそのすばらしさがわかる。
亀レススマソ

284 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 01:06
ドストエフスキーの本(一般的にロシア作家の本?)は登場人物の名前が
覚えにくい。ハクチを読んどった時2週間ぶりくらいに読むと誰が誰だか
わからんようになって結局挫折しちまった。
登場人物の名前、性格などをノートに書きとめながら読むと良いように思われた。


285 : :03/02/08 01:07

かなり盛り上がってます。
http://www12.brinkster.com/nelmaker/taiwan/index.html



286 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 02:06
団鬼六

287 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 02:57
歴史本中心の俺が感動した本ランキング。

1.三国志…壮大なロマンに引かれた。
      当時小学生だったが、後にも先にも本で泣いたのはこれだけ
2.坂の上の雲(司馬遼太郎)
  …「竜馬がゆく」より面白かった。
3.戦国策…人生の教訓が詰まっている本。
4.やがて悲しき外国語(村上春樹)
  …個人的に村上春樹は肌に合わないのだが、これは面白かった。
5.深夜特急(沢木耕太郎)
  …この影響で大学時代は海外旅行、語学留学に費やす。
6.ゲームの達人(シドニー、シェルダン)
  …こういう関連は余り読まないが、かなり面白かった。
7.史記…戦国策とかぶる部分もあるが面白い。人生の節目ごとに読み返したい本。
8.落日燃ゆ(高杉良)
  …唯一の文官A級戦犯、広田元首相について書いた本。なかなか面白かった。
9.文明の衝突(サミュエル=ハンチントン)
  一時話題になった本。テロ以前からちょくちょく話題になってたので
  何となく読む。文明論もなかなか面白いかもと思った。
10.やがて中国の崩壊がはじまる(ゴードン=チャン)
  …中国脅威論が盛んに吹聴される中、別角度から中国について考えられる本。

ちなみに春からリーマンです。
本ももう余り読めなくなるから、今のうちに読んでおこうと思います。
              

288 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 03:24
三浦綾子の氷点は名作。
すらすら読める割に内容が濃い。
日頃のリーマン生活で疲れている精神に
一服の清涼剤になってくれるだろう。
とはいえ、俺が読んだのは18の頃だが。

最近、読んだ中では、ドラマで有名になった真珠夫人。
ルサンチマンに身を焦がして生きた女の物語を、菊池寛が重厚な文体で
合理的かつ的確に表現している。


289 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 03:31
多島斗志之「症例A」
多重人格を軸に、精神医療を描いた小説。
ミステリーとして読むには辛かったけど、多重人格を知る意味では面白い。
「火車」でカードの怖さを知るような感覚で読みますた。



290 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 03:36
>>287
「落日燃ゆ」は確かに面白い。だけんど、作者は城山三郎だったと思うぞ。

291 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 03:37
>>290
そうだった、ありがとう。
「炎の経営者」の作者と間違えた。。。

292 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 04:31
ドストエフスキーは衝動的に書く人だったから文体がゴタゴタしてて
読みづらい。翻訳家がデコボコを直してもなお、あの読みづらさだ。
それに比べるとトルストイは何回も清書しなおす人だから文体が
明朗で読みやすい。
ドストエフスキーで最も面白かったのは「死の家の記録」。
シベリア獄中体験をもとに書かれた写実小説でリアル体験
からくる迫力がある。
ドストエフスキーのワケわからない思想性を毛嫌いしていた
同時代の作家達がこの作品だけは絶賛した。それは多分写実的で、
あらゆる妄想の我慢汁をシャットアウトしてある種沈黙してるから。
通算4回ほど読んだ。
あとはヤパーリ、罪と罰や地下室の手記、白痴だな。笑えるのが
ステパンコヴィッチ村の人々というオチで。

トルストイはおおむねどれも面白かったが衝撃をうけたのは
「イワンイリッチの生涯」。家族の愛情が無い残酷な老衰を
淡々と描いた。「コサック」も面白い。戦争と平和は長いが
淀みがないからスラスラ読めた。

293 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 12:36
戦争と平和は買ったが10ページくらいで挫折した。
いまいち時代背景とかがよーわからんくて興味持てず。
高校の時世界史もかじっときゃ良かったと思ったよ。

294 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 12:53
氷点読んでみようかな

295 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 14:49
老舎(お、一発変換した)いいぞ。


296 :キンタロー ◆OJaxKINTxA :03/02/08 21:15
なつのロケット、いいよ。

297 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 22:00
町田康いいですよ。
『夫婦茶碗』新潮文庫
『テースト・オブ・苦虫』中央公論新社
とか、休日の息抜きに読めますよ。

298 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 23:47
結婚記念に司馬遼太郎全集68巻一括で買いました。
何しろ結構な量なのでライフワーク的な読書にしようかと思っております。

299 :名無しさん@明日があるさ:03/02/08 23:56
いくらすんの?
俺も社会人になって
本に金かけたいな

300 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 00:03
社会人になってから大体月1,5万くらいかな?
もっとかけたいけど、これからどんどんかけらんなくなってくるんだろうな〜。


301 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 00:12
>299
まだ学生やってる友達に頼んで生協で買ってもらいました。
一割引きになるんで。さらに22万円分の図書カードを金券屋で買って
3万弱浮かせられました。
文庫で買うと何時の間にかぼろぼろになってしまうので
長い目で考え思い切って全集を一気に買うことにした次第です。

302 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 00:18
>>301
おお!!
そういう切り詰めかたがあるんだ
知らんかった。俺も全集物買うときはそうするよ

303 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 00:48
>>298
>>301
おお。司馬遼太郎全集、いいですね〜。
でも、そういう本に投資することについて、理解のある奥さんと暮らしていること、
もっとうらやましい。

司馬遼太郎といえば、『峠』もいいっすよね。すごく泣いた。
でも、リーマンになって、だんだん部下ができると、主人公の
判断が正しかったのかどうか、よくわからなくなってきてる。

304 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 00:57
>>290
『落日燃ゆ』は、泣いた。
そういえば、高校の時、城山三郎の『官僚達の夏』を読んで、
絶対、国家一種受かってやる、って思った。そして、『小説日本銀行』
読んで、すげーーーー暗くなった。
ま、現在は、どうでもいい職業についてるけどw

305 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 01:33
>303
最近世界ノンフィクション全集書いたいって言ったら
睨まれました。

306 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 01:37
>>305
戸別セールストークの要って、いかに「子供に役立つか」ってことを
力説することらしいよ。あなたも、家庭・子供にリンクさせて説得してみては
いかがw

307 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 03:32
子供の時に本に囲まれていたから読書ずきってのが多かったなあ。
かく言うおれもその一人。基本的に読書好きは勉学でも好成績を収めてるの
が多いような気がするな。

また読書好き同士で固まるから、知的にも好循環に繋がることが多いと思う。

俺の体験では10年程前の中学時代に「ニュートン」と言う科学雑誌にはまっていた。
そのとき読書好きの友人が毎日新聞社主催で科学に興味がある学生を集めて
京都大学の山田?教授が科学セミナーを開くというのをかぎつけてきた
友人達と参加したよ。あの時たしか光ファイバーについて語ってたと思う。
それに触発されて今ではそのうち2人が京都大学院生だ。

まあ別に自慢とかじゃなくて、本って言うのは幼い頃から触れておくと
人生の幅や選択肢が良い意味で広がるってことを言いたかった。

308 :名無しさん@明日があるさ:03/02/09 22:57
>>44性帝サウザーどの
超・超亀レスですが・・・・
私も>>170さんと同じような感想をもったので
あえて「理由」は途中で見送りました。
直木賞は最近、受賞すべき人を見送った翌年に
次作で受賞、っていうのが多い、と誰かが評論してた記憶があるのですが
私もそう思います。芥川賞においては・・・・(以下略

図書館派になると、ついつい最近の人気作家のものは読まなくなってしまい
(てか最近の日本人作家にちょびっと失望気味)
私が今凝っているのは岩波少文庫とか、福音館古典童話とか(w
いや、これが意外と歯ごたえあるのよ。
今「クオ・ヴァーディス」で気分は古代ローマっす。


309 :名無しさん@明日があるさ:03/02/10 16:34
★☆ チャレンジ融資 ハピネス ★☆

安心キャッシングインフォメーション
http://38370701.com/ 
●10万円迄なら →最大6ヵ月金利ゼロの『ある時払いコース』
お支払いは6ヵ月後からのゆとりのローン
●50万円迄なら →最大6ヵ月金利830円(月々)の『830円コース』
お支払いは6ヵ月後からの安心キャッシング


310 :名無しさん@明日があるさ:03/02/11 21:22
保存age!

311 :名無しさん@明日があるさ:03/02/11 23:07
今年の芥川賞の作品読んだがつまらんかった。
あんなんでいいのか?

312 :名無しさん@明日があるさ:03/02/11 23:28
芥川賞はそもそも新人賞なんだから生暖かい目で見守るのが筋だろう

313 :名無しさん@明日があるさ:03/02/11 23:41
最近はやはり仕事関係の本ばかり読んでますね。
全く関係無い本をマターリと読みたい・・・。

314 :名無しさん@明日があるさ:03/02/12 00:02
村上龍が芥川賞をとったときの田辺聖子のコメント
「ええのとちゃうん」
「文章かて全然おかしいことあらへんし」

この程度でいいらしいぞ。

315 :名無しさん@明日があるさ:03/02/12 00:51
フィリップ・K・デッィクはすごい

316 :名無しさん@明日があるさ:03/02/12 08:35
>>296
あさりよしとお(・∀・)イイー!!
自分の中の思い出と未来がごたまぜになってそりゃあもうえれえ感動しますたw

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)